「Canto Ostinato」は、オランダのSimeon ten Holthatebuの70年代の代表作。任意の数の鍵盤楽器のための、任意の長さの作品とか何とかいうヤツ。細かい話は以下を参照のこと。

  • Simeon ten Holt, Dutch Composer 1923-2012hatebu

    オフィシャル。ページタイトルから想像される通り、すでに亡くなっている。今回これを書くためにググって初めて知ったという為体テイタラク

  • シメオン・テン・ホルト - Wikipediahatebu

    記述は、短いけれど……

  • Simeon ten Holt - Wikipediahatebu

    英語御本家版がさほど長いわけでもない*1。シメオン・テン・ホルトについての詳細は、オフィシャルのバイオグラフィを参照ってことになるのかな、ネットでは。

  • Canto Ostinato is a composition for keyboards. Duo Ostinato has recorded and played the piece many timeshatebu

    トップページで紹介されている YouTubeヴィデオ2つも、他ページで紹介されている録音、DVD、iTunes配信のも、全部冒頭で紹介したヤツでもピアノを弾いている Sandra & Jeroen van Veenが中心になっての演奏みたいだ。Sandra & Jeroen van Veenについても調べとかなきゃな。

    Sandra & Jeroen van Veenと「Canto Ostinato」の関係って、ひょっとして森 光子と林 芙美子『放浪記』みたいなもんなんだろうか。

  • Canto Ostinato - Wikipediahatebu

    残念ながら日本語版に項目なし…(;´Д`)ウウッ…「Performance」あたりは、それでもやっぱり読んでおきたいかもなぁ。

    なんとなく童謡「赤い鳥小鳥」を思い起こさせるところがありゃしませんかね。《赤い鳥 小鳥/なぜなぜ赤い/赤い実を食べた》が1番の歌詞、2番は「赤」を「白」、3番は「白」が「青」になっているんだけれど、歌詞を書いた北原白秋は、そこんところ任意の色を好き勝手に入れ替えて歌っていいぞとか何とか云っていたんだそうな。色名の知識がふんだんにあり字余りを恐れなければ*2、24時間は無理だとしてもそれなりの時間、歌い続けることだって出来なくはないな。執拗反復の歌、いっちょあがりだ(違


任意の楽器による演奏が許されるという点だけでも、それぞれ演奏の印象はずいぶん異なってくる。4台のピアノあたりが一番ポピュラーなのかも知れないけれど、全部ピアノでやられちゃうとどうも格調高くって、いささかゲンダイオンガク的な響きになっちゃうように感じられる*3。マリンバの軽さがあると、80年代以降のアンビエントに近しい感じで聴く/聞き流すことも出来てくるような気がする。しませんかね。

とそんなこんなで、BGMにしちゃってます。コアなファンの方、ごめんなさいませなm(_ _)m


Ten Holt: Canto Ostinato XL
Ten Holt: Canto Ostinato XL
posted with amazlet at 17.05.12
Brilliant Classics (2014-01-17)
売り上げランキング: 58,566

MP3版のみ。このアルバムは「Canto Ostinato」を様々な演奏楽器によるヴァージョンでむやみに収録している。アマゾンページの試聴だと、74番目からしばらくの部分が上に取り上げたヴィデオの演奏になる。まったくご苦労様なアルバムだなぁ*4

「Simeon ten Holt Canto Ostinato」の amazon.co.jpでの検索結果には、ピアノ、オルガン、ハープのソロから、ピアノ連弾その他演奏家の順列組合せにも事欠かずいろんな盤が並んでいるのだけれど、ここで取り上げたヴァージョンばかりは上がって来ない。どういうわけだ? マリンバのような鍵盤打楽器の軽くてパーカッシヴな音色は、ミニマルな音楽にはよく合うように思うのだけれど、そうは考えない音楽家さんたちのほうが多いってことか。う~ん。


  • 注1 この場合はオランダ語版が御本家かな。しかし、そちらも長いとはいえないなぁ。
  • 注2 だって、やっぱり「江戸紫」とか「ビリジアングリーン」だとかだと辛いものがあるもん。字余りだけぢゃなくて品詞的にも収まりが悪いしぃ。《江戸紫な鳥 小鳥/なぜなぜ江戸紫/江戸紫な実を食べたぁ~♪》。
  • 注3e.g. Ten Holt: Canto Ostinato - Complete - Live [HD] - AVROTROS Klassiek、YouTubehatebu。とはいえ、調性音楽になっているから、慣れちゃうやっぱり聞き流せちゃうけれど。でも、いくらか五月蝿い感じの部分が出て来ちゃうってところは動かないかなぁ。
  • 注4 YouTube再生ページには、Google Playや iTunesの販売ページへのリンクもある。ケシカラン\(^o^)/