«Prev || 1 | 2 || Next»
最終更新日時 : 2016-10-05 13:29:40  
20161004170353

ひさしぶりに Amazon.co.jpで買い物をしたのだけれど、その際に気づいたのが上の写真、赤枠の件。うーん、そうだったのかぁ。

現在の居所は別に僻地でもなければ離島でもない、一応は政令指定都市(のハズレ)なんだし、アマゾン自身が一大物流拠点をおいている市でもある*1っちゅうのにぃ。ぶー。でも、いろいろ眺め直してみると、Amazon直接の配送でない商品には、結構こういうのがあるんだな。なんてぇこった、テラコッタ。

映っていない画面の右端には「¥ 200 + ¥ 150 関東への配送料」という表示があって、これはすなわち関東限定発送ということだったんだろうか。うーん。


爺ぃ臭い話だけれど、昔は居所界隈にもそれなりの楽器店が2軒ばかりあって、カポだの弦だのを揃えるのには苦労がなかった。でも、今や楽器店は全滅。堺東[ググる!]まで出かけてやっとこというところ。出かけても商品選択の幅はものすごく狭い。ゴムカポとなると某社のもの一択。これまでは、選べないのを我慢して買っていたのだけれど、某社のカポはゴムの劣化が早くてどうもよろしくない。とはいえ、大和川[ググる!]以北くんだりまで出かけるのも面倒臭い。

僕がゴムのカポを使うのはギター用ではなくて、長髪を束ねるためだからして、安いのがあればそれに越したことはない。アマゾンだとそのへんの選択の幅も広いように見える。送料だって堺東までの往復交通費よりずっと安くて済んでしまう。そもそも出かけるという面倒がない。なんだ、結構毛だらけではないか。これを利用しないでどうする、ってなもん。

というわけで、アマゾンに頼ることになる。頼ることになってみて初めて上のような事態に気づくというテイタラク。いやはや、やれやれ。


ネット通販に頼れば、地方でだってよほどの僻地か離島かでもないかぎり東京と変わりない消費生活が送れちゃう、なんちゅう話は、まだまだ夢物語っちゅうことなんざんしょうかぁねぇ。うーん。


というわけで、アマゾンからの配送になるこちらを購入。価格は冒頭の品の2倍強に跳ね上がる。案外冒頭の品、OEMでコイツに化けているなんてことだってありそうな気もするが、まぁ仕方ありませんね。しかし、それでも交通費も合わせて考えると、買いに出かけるよりもこちらのほうが安上がりなんだからなぁ。うーん。

それにしても、リンク先の販売ページを見ると、この製品、マーケットプレイスで「中古品」も出ている。覗いてみると本当に中古品みたいだ。ゴムカポの中古品なんて、本当に買うヒトがゐるんだらうか? う~ん、人類の考えることはいつまでたってもわからないことだらけだ\(^o^)/




最終更新日時 : 2015-12-20 16:27:29  

クラゲが刺すメカニズムといったものも興味深い話ではございますが、それが今回の主題なのではなくて、主題は上のように YouTube ヴィデオを自分のエントリに埋め込む際の字幕のつけ方について。

「本日のYouTube/日本語字幕で、The European Refugee Crisis and Syria Explained」 はてなブックマーク - 別冊 日々の与太 » 本日のYouTube/日本語字幕で、The European Refugee Crisis and Syria Explainedで、字幕のついていない YouTube再生画面を字幕付きで見るための方法を書いた。自分のブログなんかで初めから字幕が見られる状態で埋め込み利用したいという場合についても触れておいたほうが良かったかなと思う折があったのでちょいとだけ。

YouTubeの再生ページで得られる埋め込み用コードは以下のようなものだけれど、

<iframe width="560" height="315"
src="https://www.youtube.com/embed/RvOnXh3NN9w?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

これに、

<iframe width="560" height="315"
src="https://www.youtube.com/embed/RvOnXh3NN9w?rel=0&hl=ja" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

と、パラメタを加えるだけでいい。

もちろん、元々のヴィデオに日本語字幕がついていなければお話にならないので、そのへんについては、「本日のYouTube/日本語字幕で、The European Refugee Crisis and Syria Explained」 はてなブックマーク - 別冊 日々の与太 » 本日のYouTube/日本語字幕で、The European Refugee Crisis and Syria Explainedで見分け方を確認しておかれたし。

この手のアレコレは「YouTube 埋め込みプレーヤーとプレーヤーのパラメータ  |  YouTube IFrame API 」(Google Developers) はてなブックマーク - YouTube 埋め込みプレーヤーとプレーヤーのパラメータ  |  YouTube IFrame API  |  Google Developersに解説がある。わかりづらい用語ばかり使われているしサンプルコードも乏しいしで、初心者的にはちょっとがっかりモノだけれど、読みながら試してみたりググったりする愉しみを取っておいてくれているのだと思えばどってことない。どうしても厭なら別に無理してがんばる必要もないし\(^o^)/


一般的な無料のブログサービスだと、HTMLコードが書き込めなかったりするらしいから、だれもが自分のブログでホイホイ使うというわけには行かないのかもしれないけれど、知っておいて損したってな知識でもないでしょ。

ただし、この手の仕様ってたまにガラッと変わっちゃって、過去のエントリで施したはずの設定が死んぢゃうというようなこともある。というか過去にはあった。そういうときはどう対処すべきなんだろうかしらね。というか、過去に遡って設定を修正するしかないかぁ。面倒臭いですねぇぃ。というか実際のところは放置を以て対処とする、というのがネット上の主流を占めているようでございますね。うーん\(^o^)/


YouTube Perfect GuideBook [改訂第3版]
田口 和裕 タトラエディット
ソーテック社
売り上げランキング: 28,070

ネット関連本で「パーフェクト」「完璧」の類を名乗る本がパーフェクトだったり完璧だったりした試しはないような気がするけれど、どうなのかしら。これには字幕の話くらい出ていたりするのだろうか。




最終更新日時 : 2017-02-23 20:48:12  

シリア難民問題についての解説ヴィデオ。細かなアレコレには異論を挟むヒトも出て来るのだろうけれど*1、大筋非常にわかりやすく、広く知られていいものではないかと思った。


英語のヴィデオだからわかんなーいというヒトも少なくないだろうが、このヴィデオには日本語字幕もついている。ついているのだけれど、日本語字幕の見方をご存知ない方も多いみたい。内容について突っ込んだ話を喋々するだけの素養もないから、字幕の見方の説明でも試みてみる。知っているヒトは知っていると思いますけれど。

大まかな手順は以下のとおり。

  1. 字幕がつけられるかどうか確認する
  2. 字幕の言語設定を行う
  3. 字幕(caption)アイコンをクリックする
20150922205459

YouTube再生画面右下

だけである。大まかってことはないな、細かく説明したってこれだけだな\(^o^)/

まずYouTube再生画面右下に「CC」と記されたアイコンがあるかどうかを確認する。右の図では白い長方形の中に「CC」と記されたアイコンがあるのがわかる(でしょ?)。なければ、字幕のつけようのないヴィデオなので諦めるしかない。

次に歯車アイコンをクリックする。すると歯車アイコン上部に図のような黒いメニューが現れる。上から3つ目「Subtitles」の項目をさらにクリックすると、字幕に設定可能な言語の選択メニューが現れる。そこにもし「Japanese」があればそいつを選択する。「あれば」ということは当然ない場合もある。というかない場合が圧倒的に多い。でも、英語のヴィデオでも聴覚障害者向けということなのか、ちゃんとした English の字幕がつくこともある。聴き取りは苦手だけれど読みならなんとかなるというヒトにとっては重宝ぢゃないかしら。あるいは「ちゃんと」していないコンピュータが勝手につけた自動字幕ならつくってケースもある。いろいろヒドいんだけれど、なーにもないよりはマシってことは結構ある。

最後に「CC」アイコンをクリックする。「CC」アイコンの下に赤いアンダーラインみたいなヤツが現れていれば字幕表示される。めでたし、めでたし。

自分でつける方法だってあるんだろうけれど*2、全然知らない。つけちゃうぞ、という奇特な方は、奇特ついでにご自身で調べてくださいましm(_ _)m


簡単なことだけれど、知っているかいないかで YouTube の使い勝手がずいぶん変わるんぢゃないかと思う。というわけで、重宝していただければ幸甚。


Kindle版もある。


  • 注1 文句のあるヒトは何にだって文句があるもんなぁ。
  • 注2 少なくともアップロードしたヒトには。

最終更新日時 : 2015-09-21 12:38:40  

毎度、このヴィデオになっちゃうのだけれど(^_^;)

学校のシーンはあまりパッとしないけれど、アウトドアと家庭での電子機器使用あたり、この手のツールを使いこなした学習活動としては、一つの理想を思い描かせてくれるようなものになっているんぢゃないかしら。

英語が聴き取れなくても、脚本その他が「short films : Growing up with Gadgets (HD)」(Journeyman Pictures) はてなブックマーク - Journeyman Pictures : short films : Growing up with Gadgets (HD)にある。


読み書きのいずれでもディジタルは紙に劣る

ICT関連のお話でちょいと気になったこと。

「紙ノートとタブレット端末の使用が学習時の認知負荷に及ぼす影響-脳波を用いた検討-」(PDF、コクヨS&T、センタン、広島大学大学院総合科学研究科) はてなブックマーク - 、どこを経由してたどりついたんだか、もう忘れちゃったのだけれど、この序論に紹介されていた先行研究が興味深いっぽい。

これまでにも,電子デバイスと紙デバイスの使用が文章理解や記憶に与える影響を調べた研究において,紙ノートの優位性が指摘され ている.例えば,Noyesand Garlandは,PC のディスプレイに表示された文章を読む場合と,紙に印字された文章を読む場合とで,文章の理解度,読む速さ,知識の定着度を比較した.その結果,理解度や読む速さにデバイスの違いは観察されなかったが,知識の定着は紙条件の方が高かった.他にも,内容理解や理解効率,メタ認知において,紙が電子デバイスよりも優れているとする結果が報告されている.

また,“読み”だけでなく,“書き”行動についても,紙の優位性を示す知見が報告されている.Mueller and Oppenheimerは,大学生を参加者とし,ラップトップコンピュータを用いて授業内容をメモした場合と,紙ノートを用いた場合とで,記憶テストと理解度テストの結果を比較した.その結果,ラップトップコンピュータを用いてメモを取った場合のほうがメモの量 が多く,記憶テストでは両者の間に大きな違いは観察されなかった.しかし,理解度テストの成績はラップトップコンピュータよりも紙ノートのほうが高かった.この結果から,著者らは,紙ノートは一度にメモを取る量が限られており,情報を自分なりに要約してメモを取る必要があるため,授業内容に対してより深い処理がなされ,結果として理解度も高かったと結論づけている.

序論

どうかしら。CRTや液晶ディスプレイに表紙されたテキストへの理解度が紙のメディアに劣るものであることは、本ブログでも「コンピュータ時代の文章作法」 はてなブックマーク - 別冊 日々の与太 » コンピュータ時代の文章作法で同様の問題を扱った論文を取り上げたことがあった。常日頃、この手の論文をまめに漁っているわけではないし、こうした研究は、率直に云えば私たち素人にとって実感の追認以上のものとは感じられないので、アレなんだけれど、それでも教育へのICT導入の機運が盛り上がっちゃってる昨今のことを考えると、「※個人の感想です」を超えたファクトというかエビデンスというかがあることの意味は小さくないよなぁ。

この研究のアブストラクトは以下の通り。

本研究の目的は,学習時に紙ノートを用いた場合とタブレット端末を用いた場合に,認知負荷が異なるかを検討することである.これまで,文章読解やノートまとめにおいて,電子デバイス(電子書籍,ノートパソコンなど)に対する紙ノートの優位性を示す研究が報告されている.しかし,タブレット端末に書くときと紙ノートに書くときの認知過程について調べた研究は少ない.本実験では高校生 12 名を対象に,朗読文の聞き取り時に紙ノート/タブレット端末によるノートまとめ作業を実施し,作業中の脳波を 14 チャンネルの簡易型脳波計を用いて計測した.その結果,タブレット端末では紙ノートに比べて,書き取り中の前頭部シータ帯域パワー(4-7Hz)が高かった.タブレット端末は紙ノートに比べて,書いた文字を確認することに認知的努力を要し,書字行動そのものに注意を奪われやすい傾向があることが明らかになった.

あらまし

タブレットにノートを採る場合と紙に対する場合との間に理解・記憶に有意差はなかったとされるが、タブレットへの書き込みのほうが脳への認知負荷が高い状態におかれると考えられるとされている。要はタブレットでは、ノートテイキング、書くことそれ自体に神経を使わねばならず、ちょいとオツムがくたびれやすいということか。

実験に用いた朗読素材が易しすぎた可能性なども本文には記されていて、そこいらへんの選び方によっては理解や記憶の度合いに違いが出て来るかもしれないとか何とかいうような話も出ていた。

そこいらへんのモニョモニョ部分はさておき、ICTの導入ということになると電子教科書やタブレットでのノートテイキングというような話が喧伝される傾向があるけれど、でも、先行研究の話なんぞ見るかぎり、紙の教材とツールをタブレットに単純に置き換えただけでは単に学習効率を落とすだけになっちゃいかねないってことだよねぇ。


要は適材適所、使い方次第ってことではあるんだろうけれど

ICT導入に反対しているということではない。でも、現状ではノートPCやタブレットを教科書やノート代わりに使うのは愚策であると考えている。現状でも、パソコンであれタブレットであれ、リファレンスや創作のためのツールとしてなら、極めて有用であるといっていい*1。あるいは、プログラミング教育にはそもそも不可欠のものだろう*2。いずれにしても教科書やノートテイキングといった旧来の受動的な学びに関してよりも、自分から進んで調べ、情報を発信するというところにこそ、ICT導入のメリットは存在するのであって、そういう適不適を考えずに紙を電子的なデヴァイスに置き換えるだけの導入は、よほどの技術的進展がないかぎり、あんまりパッとしないまんま終わっちゃうんぢゃないかという気がするなぁ。

と、そういうとこいらへんに、また少し傍証を見つけたということで、メモメモ。


マインドストーム―子供、コンピューター、そして強力なアイデア
シーモア パパート
未来社
売り上げランキング: 499,990

もはや古典だけれど。細々したところはアレだけれど、考え方みたいなところはむしろ今みたいに雑音の多い時代には頭に入れておいていいものになっているんぢゃないか。火事で焼いちゃって以来読み返す折は持てないまんまなのだけれど。まだかろうじて新本は手に入る。お若い方にこそ読まれていいんぢゃないかと思う。


賢くする道具であるために何が必要か。


  • 注1 冒頭のヴィデオにおけるエマちゃんのアウトドアと家庭での学習活動みたいなのは、その一例。
  • 注2 ただし、形式論理的な思考を身につけるにはうってつけだという意味で。プログラマー育成という観点だけで行われるプログラミング教育なんちゅうのはつまらんなぁ。というような「個人の感想です」レヴェルの話ではなくて、抽象的な算数・数学的な形式論理の教育では、日常的な問題解決に活かしうる形で論理的思考を身につけるのはむずかしい。現実に目に見える形で、論理が実感できるというところにプログラミングを介した論理的思考の訓練のメリットはあるはず。それならばそのへんの限界を破るような教育も可能になるかもしれない。が、これもすでに本家「与太」で触れたこと。

最終更新日時 : 2015-09-13 10:33:28  

「6 minute english – Is knuckle cracking good for you? – episode 2015-0903」(BBC learning english listening skills) はてなブックマーク - 6 minute english – Is knuckle cracking good for you? – episode 2015-0903 | BBC learning english listening skillsから。「Is knuckle cracking good for you?」(BBC Learning English - 6 Minute English) はてなブックマーク - BBC Learning English - 6 Minute English / Is knuckle cracking good for you?からhtmlでテキストが読めたり、PDF、オーディオファイルのダウンロードができる。

のっけから、ヒトによってはいろいろアレのありそうなネタですけれど、今回の趣旨はそちらではなくて英語のお勉強について。お薦めというアレではなくて、アテクシはこうやってます(というかやるべく勉めてはいるけれど、実はモニョモニョ……)というお話。

「与太」では、英語の YouTubeヴィデオを取り上げたエントリを書くこともあるので、僕が英語がわかってる人間であるかのような誤解を受けることがある。もちろん、そんなことはあり得ない\(^o^)/。英語がいくらかは得意だった大学受験浪人時代ならば多少はそれに近いくらいのなにがしかではあったかもしれないけれど、やたらペラペラ話されても、そんな英語はアテクシにはギリシャ語でございますね。

というわけで、そんなアテクシが英語独習についての記事を書いたとして、だれが信用してくれるものか、そもそも自分が信用しているかどうかが怪しいところなのだけれど、それでも安上がりであることに関しては、赤貧ぢゃぶぢゃぶ洗うが如きボンビーなアテクシが試みているところからして、完璧に間違いのないところ、その一点においては人類70億のみなさんにちいたぁ信用していただいてもよろしいのではないか。

安上がりの定番といえば、ネット上のアレコレの利用と話は決まっていて、ネットへの接続という、安上がりとはちょいと云いかねる関門を突破しさえすれば、「無料」のあれこれに出喰わすことができる。とはいえ、アレヤコレヤの無料なりフリーなりのアレコレの教材のどれが優れていて自分に向いているのかいないのか、あらかじめわかるような目利きであるはずもない素人としては、権威主義的にブツを選ぶしかない。というわけで、ざっと目にとまるのは以下のようなラインナップとなる。

  • BBC Learning English - Learning English はてなブックマーク - BBC Learning English - Learning English

    英語御本家の公のものとなれば、少なくとも金儲けのためにアレコレ変な工夫を凝らすということもないだろうし、教材も一通り信用しておいていいだろうというところ。消極的選択かもしれないけれど、素人としてはそんなところぢゃないか。「Courses」と「Features」もいろいろあって各自の必要に応じて選べる。ただし、全部英語なので中学生程度の英語力と辞書を引くのをためらわない気力くらいは必要。あ、あと学習を継続する根気もいるよなぁ。

  • bbclearningenglish - YouTube はてなブックマーク - bbclearningenglish - YouTube

    上が公開しているヴィデオの YouTube チャンネル。いろんな教材ヴィデオがどういう順番でだか、毎日新たに現れる。たとえば、以下はこのエントリを書き始めた時点での最新のもの。これは僕にもちょっとやさしすぎるくらいのもんか。

    更新情報のメイル配信を登録しておいて、とりあえず毎日更新されたものには目を通す、ということにしただけでも、そこそこのお勉強にはなるかもね。

  • BBC learning english listening skills | Let’s learning English to get successful はてなブックマーク - BBC learning english listening skills | Let’s learning English to get successful

    こちらはサボリ気味なのでアレだけれど、YouTubeの英語の聞きこなしたいというヒトには好適っぽい。ブログっぽい形で記事が更新されているところもいい感じ。

  • BBC Learning English Listening Skills - YouTube はてなブックマーク - BBC Learning English Listening Skills - YouTube

    上の教材の YouTube チャンネル。これも bbclearningenglish のチャンネル同様に登録して視聴すべく心がけている。ただし、ヴィデオ画面による Transcripts の表示は、小さな画面では読みづらいよなぁ。ぶー。

    エントリ冒頭に掲げたのは、これを書き始めた時点での最新公開ヴィデオ。

  • Tweets with replies by BBC Learning English (@bbcle) | Twitter はてなブックマーク - Tweets with replies by BBC Learning English (@bbcle) | Twitter

    実はほとんどチェックしていないのでどうだかよくわかんないのだけれど、更新情報なんかも確認できるんぢゃないかしら。

  • BBC Learning English はてなブックマーク - BBC Learning English

    僕はFacebookが大嫌いなので利用しないのだけれど、こちらを利用するのもあり得る選択かと思う。

  • 英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB | アルク はてなブックマーク - 英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB | アルク

    BBC Learning Englishの教材は、極力やさしい英語で作られているとはいえ、どうしても日本語のとっかかりは欲しくなる。無料版からは例文がなくなってしまったとはいえ、オンラインで利用できる英和辞典、収録語彙数ではここに頼るってのが今でも定石か。ここでダメなら、オンラインの英英辞典も悪くないのだろうけれど(cf. english-english dictionary[ググる!])、辞典ページに頼らずに、ググッてあれこれ悩んでみるのが実際的で有効ってことも最近は増えているかも。とくに最新のアレコレとか風俗とかの場合は。

powered by アルクデータ提供:EDP詳しくはこのアイコンをクリックしてください


powered by アルクデータ提供:EDP詳しくはこのアイコンをクリックしてください

そういえば、英辞郎から「『英辞郎ジャンプ』について」(英辞郎 on the WEB、アルク) はてなブックマーク - ヘルプ:「英辞郎ジャンプ」について:英辞郎 on the WEB:アルクなんちゅうものが出ているのだった。便利なのかどうか使ったことがないのでよくわかんないけれど、とりあえず紹介しておく。ブログのサイドバー向きなのかな。うちではサイドバーの幅が狭すぎて、ちょいと使えないなぁ。


あとは英文法書を一冊くらい。こればかりは金を出して買う以外打つ手はない。でも、古本屋中古本屋の類でなら比較的安価で手に入ることもある。

表現のための実践ロイヤル英文法
綿貫 陽 マーク・ピーターセン
旺文社
売り上げランキング: 3,845

こちらはマーケットプレイスでも1000円割っていないけれど、一応僕が使っているヤツ。「一応」の意味は追及せんでいただきたい(^_^;)。ソフトカヴァーであるところも学習書としてのポイント、個人的には高い。読みよりも書き話すことに役立つように作られたそうな。ただし、文法書としての出来不出来については、僕に語る素養がない。


と、テケトーにあげてみたけれど、一番面倒なのは自分のやる気をどう維持するかというあたりなんだろうなぁ。日々、一定の時間を学習に割くという、無料と云えば無料には違いないが、自分自身でなんとか設えるよりほかないこの点こそが、自分を振り返るとき最大の問題だと思えて来る。そういうことが気になるヒトは、さらに「Studyplus(スタディプラス) - 勉強が楽しく続くSNS」 はてなブックマーク - Studyplus(スタディプラス) - 勉強が楽しく続くSNSの利用を考えるといいのかもしれない。というかまぁ、僕もそろそろ使おうかしらと考えているところ。


カシオ デジタル学習ツール joy study JY-L01
カシオ計算機 (2015-09-11)
売り上げランキング: 750

ご注文あり。この商品からの半ば連想みたいな感じで、このエントリは書き起こされた。ありがたや、ありがたや。

今だと、たぶんスマートフォンのアプリの類でも似たようなことは出来るのだと思う。でも、PCに向かっていたってそうなんだけれど、他にいろいろ出来ることがあったり新しい情報が飛び込んで来たりする環境だと、なかなか勉強一筋に集中するのが困難だってことはあったりする。ライティングへの集中のために画面を専有するエディタみたいなものある。そいつが半ば熱狂的なユーザを生んでいるのも同じような事情によるらしい。そういうことに自覚的で、なおかつその損失の大きさを認知できるヒトには、こういう専用ツールもウケるんだろうな。とはいえ、結構高いなぁ/(^o^)\



«Prev || 1 | 2 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
2953015 (7D:19244 Y:3534 T:2181) [Mode]
 
別冊 日々の与太