«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || Next»
最終更新日時 : 2017-04-27 20:39:45  

僕ら一般人が出来ることって半世紀以上の昔と大差ないんだな。

まぁ、韓国で大騒ぎになっている様子はないし、首相が外遊に出かけるなんちゅうところからすると、本格的な軍事衝突がすぐにでも起こるというような情報、状況は、実のところないんぢゃないか。

というふうにとりあえずは考えておいて良さそうなのだけれど*1、それとは別に、核兵器だの生物化学兵器だのへの個々人の対処法というのはいっかな進歩していないものなのだな、というあたりに感心してしまったのだった。お金持ちであれば、頑強なシェルターなんぞを用意出来たりするのかもしれないが、それにしたところで、ヒロシマ・ナガサキの頃よりはずっと強力になっているであろう核兵器のことを考えた場合、どれほど Duck and Coverを超える力になるのかどうか。


「Japan and the North Korea question」(Financial Times、YouTube)hatebuを見ていたら、のっけに

20170427133705

なんて文句が登場している。《アヒルと覆いは、生き残りのためのアドバイスとしては有益かもね》、で、《でも、投資家にとってありがたいアドバイスになるってわけぢゃない(But it doesn't offer useful advice to investors)》と続くのだけれど、なんで生き残りのために「アヒルと覆い」が役に立つんだぁ? 一体どういう成句なんだぁ? というわけで、ググって知った*2のが、冒頭のヴィデオ。「duck」は名詞の「アヒル」ぢゃなくて「かがめ、もぐれ」という動詞の命令形だったのね\(^o^)/。「cover」も同じく「覆え、隠せ」ということ。

いずれも、複数の言語版が出ているけれど、日本語版はない。

FTのヴィデオで何の断りもなくのっけから当たり前のように現れる文句ということは、これはたぶん基礎教養の類なんだろう。実際、twitterで検索してみたら、件の内閣府のヤツの類を見た感想として「Duck and Cover」のことを思い出したというような書き込みが多数あった。

基礎的な知識のアレコレに属する知識で、弾道ミサイルが話題になったときには、パッと喚起されるようなモノを知らないというのはなかなかに恥ずかしいお話なのだけれど、まぁこういうとこいらへん、知らないのは案外自分だけではあるまいと高を括って、ここにメモっておく。

でも、閲覧諸賢あたりは結構ご存知そうな気もして、恥じっ晒もいいとこだったりもしそうだよなぁ。う~ん\(^o^)/。ま、いっか。


消しゴムにしてはいささかならず高いわねぇ、っそんなにも似ているようにも見えないしぃ。見せびらかしの価値をどれほど重んじているかが問われる価格、というところか。


  • 注1 別に北朝鮮がまったく脅威ではないとは考えないけれど。とりあえず今日明日の話としてのこととしてみれば、というお話。
  • 注2 英辞郎には少なくとも「duck and cover」の形では出てなかった。う~。


最終更新日時 : 2017-03-25 21:16:23  

具体的にそれぞれがどの程度地球にダメージを与えることになるのか、充分にわかるわけではない、あんまりに短い説明ではある。けれど、世界の食糧事情や水資源問題、環境問題みたいなあたり仄聞する話を思い起こしてみると、そういうとこいらへん、こちらの日常がいかに貧乏臭いものだとはいえ、それはまだなんとか先進国の仲間内に留まっているところでの話であって、国際標準で考え直すと罷り間違って贅沢な暮らしだと云われれば抗弁に窮するくらいのことはありそうな気もする。

しかしなぁ、牛肉と海老くらいの贅沢はどのみちたまのことなんだから大目に見ていただきたいところだし、どういうわけか貧乏暮しをしていると揚げ物を喰らう折が多くなるし、コーヒーとチョコレートを絶ってしまったのではその哀れな貧乏暮らしを支える傘張り手内職みたいな仕事だって結構辛いものになる。うーんと我慢しても、バナナが限界かもしれんなぁ。とはいえ、アレだって本格的に喰うに事欠く折には、安価なカロリー源としてなくてはならないものだしなぁ。う~ん。

と、そんなこんなで、そこいらへんの我慢は食の選択肢を盛大にお持ちの、アテクシよりはリッチでおられる閲覧諸賢の努力と奮闘に期待してお任せするということに、個人的にはなっちゃうんだろうか。う~ん\(^o^)/


ありあまるごちそう [DVD]
紀伊國屋書店 (2011-08-27)
売り上げランキング: 16,627

通じるヒトもいるし、通じないヒトもいるんだろうけれど。




最終更新日時 : 2017-03-07 01:16:33  

ヒトラーは登場しないのだけれども、昨日にでも記事を出しておいてくれれば、「本日の埋草/独裁者の肖像、その2」hatebuの「おまけ」にでも取り上げられたのになぁ。うー。

シュピーゲル*1は先月も「『トランプ氏が自由の女神の首切断』、独誌の風刺画に賛否」(CNN.co.jp)hatebuってなのを表紙にしたばかり。なかなか。

たぶん、ここのところのトランプ陣営とロシアとのつながりの問題化が念頭にあっての風刺ということになるのだろうけれど、発想そのものは「本日の備忘録/独裁者の肖像」hatebuで取り上げた、インドのアートフェア参加作品hatebuに似る。似るが、いっそうの画力がないと発想そのものが出て来ないところがこれまでにないといえるかもしれない。あ、でもモーフィング[ググる!]を使ったりするとそうでもないかな?

こういう雑誌の表紙、日本だといろいろ悶着がありそうだけれど、それはとりあえず考えないことにしても、安倍晋三と重ね合わせられるような肖像に思い当たる節がない。ヒトラーばかりぢゃ藝がないし、コーカソイドぢゃ重ね合わせづらいかもなぁ。アジア人なら金正恩かドゥテルテかあたりかもしれないとは思うものの、あちらの顔面の迫力を考えると、安倍氏ではいささか造形的に負けちゃうから絵にならないしなぁ。うーん。って、アテクシがそんなことを考えても意味ないんだけれどさぁ\(^o^)/


ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
金成 隆一
岩波書店
売り上げランキング: 970


最終更新日時 : 2017-03-06 00:14:56  

「本日の備忘録/独裁者の肖像」hatebuの続編というようなアレでもないのだけれど、ネタ切れとはいえ更新をサボり続けるのもなんだから、というわけでまぁ。

これはメキシコ(だったっけか?)でのデモ報道から。ちょび髭のところに「FASCISTA AMERICANO」と書かれている。スペイン語はわかんないけれど、「アメリカのファシスト」だか「ファシスト・アメリカ」だかの意味なんだろう。根本的な好き嫌いはさておき、ただの髭柄ではなく言葉にしたところはアイディア賞ものではないかしら。画面の構成もちょっとプロっぽい技ありな感じ。

ついでながら、トランプ=ヒトラーの肖像を拾い始めたきっかけである安倍晋三=ヒトラーパタンの新しいヤツも一つ。

20170305231950

森友学園関連のデモ報道から。元ヴィデオ、ちょっと気軽過ぎる参加者の撮り方になっちゃってるので、元ヴィデオへのリンクは張らない。欧米の報道では当たり前かもしれないけれど、高校生・中学生の参加者の顔がくっきり確認できちゃうようなの、日本だと後々陰湿なアレコレに結びつきかねないからなぁ。うー。

それはさておき、メキシコのと比べるとかなり素人っぽく見えちゃうよなぁ。別にプロっぽいことが必須の要件というようなアレぢゃないだろうけれど。

いずれにしても、批判対象の性格に応じてヒトラーになぞらえるパタンは、決して珍しいものではないのだということを確認しておく。

それにしても、毎度のことながらちょび髭を書き加えるだけで、たいていのヒトがヒトラーを思い浮かべるだろう肖像に化けてしまうというの、ヒトラーの造形的呪縛力には感服しちゃうなぁ。マイン感服ですよ、いやはや。

RUPTLYは、ロシア系メディア。ロシア・トゥデイ(RT)から派生したところぢゃなかったっけかな。日本や欧米の主流メディアが滅多取り上げないような、ヨーロッパの極右の移民・難民受け入れ反対デモやアメリカでのトランプ応援デモ、その他日本のデモなんかもちょくちょく取り上げている。


おまけ

ドイツでのなんだっけかのお祭り報道から。全然ヒトラーとは関係ないのだけれど。

ドイツ語がテンでわかんないのでアレなんだけれど、駄洒落か何かなの? 象になっちゃうのは。

ここで感心しておきたいのは、造形が丁寧なこと。デモの類で担がれる造形だと「本日の備忘録/独裁者の肖像」hatebuで取り上げたクレヨンしんちゃん似の像みたように、割とゾンザイな作りのものが主流であって、これほどガッシリしたものは珍しいんぢゃないだろうか。

えっと、これのネタ元はなんだったっけかな。「ドナルド」と来れば「ダック」と続けたくなるのも人情なんだから、この手の駄洒落系のプラカード類はもっとあったってよさそうな気がする。そこいらへん、安倍晋三氏の場合、都合の良さそうなキャラクタってないよなぁ。残念。


ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
金成 隆一
岩波書店
売り上げランキング: 970
ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)
石田 勇治
講談社
売り上げランキング: 15,407


最終更新日時 : 2017-03-01 16:37:44  

毎度、他人様ヒトサマtweetで失礼m(_ _)m。だって、おもしろすぎるというか、腹立たしすぎるというかなんだもん。うー。


冒頭のみ森友学園関連の質疑、あとは安保法制関連の質疑における安倍首相の答弁。その二つを組み合わせたという以外には大きな編集は施されていないみたい。当該tweetには「しつこい中において」との台詞が記されている^^;

こういう答弁もそのまま議事録に残されていたりするんだろうか。それとも、もうこっそり書き直されていたりするんだろうか。まともに答えられないにしても、もちっと答えようはあるんぢゃないかと思うなぁ。竹下 登[ググる!]の答弁くらいしっかり勉強なさってはどうかと思ったり思わなかったり。




«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

  1. ???<? (1)

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
3220436 (7D:38350 Y:3037 T:3885) [Mode]
 
別冊 日々の与太