«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 19 | 20 | 21 || Next»
最終更新日時 : 2018-05-19 20:34:07  

昨日は暑かったけれど、一昨日も暑かったですわね。


というようなコンテキストで上のイメージを提示すると暑苦しさが募る。

たしかに、暑い季節、エアコンの室外機の噴き出す暖気の鬱陶しさと来たら、設置者、所有者に殺意を覚えるくらいのもの。その室外機がそれなりの数並んでいれば暑苦しさを感じないでどうするというところだろう。

でも、実はこの写真が撮影されたのは、2012年12月9日だったりする。南海高野線堺東駅吹きっ晒しのホームから高島屋側を写したもの。緑の草が見えるから冬だとは思えないというヒトもいるかもしれないが、今どきの都市部の片隅になら冬に青々としたとまではいわないにしてもそれなりの緑を誇る雑草を見かけることなどありふれている。

そう思って改めて眺めてみると、暑苦しかった写真も寒々としたものと見えて来ないでもないんぢゃないか^^;

記号論が流行っていた時分なら、写真とキャプションの関係やらコンテクストやらが云々カンヌンで、写真といえども透明な記号ではないのだとかなんとかというような話に打ってつけの事例ということになったんだろうか。今ならメディア・リテラシーか何かの話として持ち出せばいくらかもっともらしい話も書けちゃうかもしれない。


けれど本当のことをいえば、そういういくらか高尚であるかもしれない話をしようと目論んだわけでもなければ、インチキ写真でヒョロワーさんたちをたぶらかそうとしたわけでもない。先日来の写真ファイルの整理中hatebu、暑い気分に打ってつけぢゃないか、と選んでツイート、そういえばこれいつ撮ったんだっけ、と怪しい記憶を確認してみて初めて冬の撮影と気づくテイタラク\(^o^)/。いやはや、やれやれである。


夏はなぜ暑いのか
夏はなぜ暑いのか
posted with amazlet at 18.05.19
佐藤 文隆
岩波書店
売り上げランキング: 720,654



最終更新日時 : 2018-04-16 03:53:43  

ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる回る
錫のつばさと鉛の足で

ボコノンの書

というわけで、いろいろぐるぐる回るわけなのだけれど……

ちょっとした思いつきがあって*1試してみたのだけれど、こんなにゾロゾロ検索にひっかかるものかと驚いている。深夜・未明ともなるとさすがにペースは落ちるものの、時間帯によっては10分足らずの間隔で回ることもあるのだな。

それにしても、勉強なりダイエットなり戦後政治なり、分野を問わず殺伐とよく回っている。是非ともリンク先ページをご覧になってみられたし。

それに比して、

の回らなさ加減と来たら。やはり、ツケよりはツキのほうが稀少価値があるのですね。


経年変化を確かめもせずにこんなことを云うのはアレなのだけれど、まぁいろいろ「ツケが回ってきた」時代なのだといってみたくなる気分がそこはかとなく湧いて来ないでもない今日この頃ではある。


私の声が聞こえますか
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2001-03-28)
売り上げランキング: 57,217

「時代」収録の中島みゆきデビュー・アルバム。なぜこれがこのエントリ末尾にあげられたのかがわかんない世代のヒトは、YouTubeででも「中島みゆき 時代」で検索なさるがよろしい*2

僕のような爺ぃ世代だと今でもこのへんで中島みゆきのイメージが固まっているヒトって結構いるんぢゃないかしら。通じないかもしれないけれど、「コッキーポップ」だとか「ポプコン」だとかいった言葉を覚えている爺ぃども^^;


猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)
カート・ヴォネガット・ジュニア
早川書房
売り上げランキング: 83,962

「ボコノンの書」についてはこちらを参照のこと。


  • 注1 どんな思いつきなのかは、くだらなさすぎるので内緒である\(^o^)/
  • 注2 なさらなくても結構です。


最終更新日時 : 2018-01-19 22:17:29  

お気づきいただけますかね、画面右。左側の見出しと照らし合わせて御覧くださいましな。オンライン広告のむずかしさを感じますね、というかなんというか\(^o^)/

というか、しかしまぁ、

ナガセによると、影響があったのは東進ハイスクールなどに通う生徒の一部の約3万3千人と、判定の公表前に登録した人の一部にあたる約1万5千人。本来は全ての受験生のデータを元に合否ラインを判定すべきなのに、ナガセグループの受講生だけで計算したため、厳しい結果になった。受験生からの指摘で気づいて修正し、対象者には判定が誤っていたことと、正しい結果をメールで伝えたという。合否判定システムに参加している高校に返却したデータは誤っていない。

「東進の合否判定、4万8千人に誤り センター試験」(朝日新聞デジタル、強調引用者)hatebu

の強調部分、うちの受講生はさすがにそこいらの一般受験生よりも成績が優秀なものだから平均点その他がグンと高くなっちゃって判定も厳しくなっちゃうんですよぉ、スマンですねぇ、ってなあたりのアピール宣伝になったりして……というのはゲスの勘繰り、相済みません。


最近はどうも旧年中に年度の仕事にケリがついてしまうことが多くて、センター試験の問題確認もサボったままだ。サボっても仕事に影響しないというのは、それはそれで結構なことなのだけれど、困ったことでございますわね\(^o^)/


立ち読み課題図書、その他

上の話題とはあんまり関係ないですがぁ\(^o^)/

AI vs. 教科書が読めない子どもたち
新井 紀子
東洋経済新報社
売り上げランキング: 2,571

2月2日。書影がついた。


「学びの責任」は誰にあるのか: 「責任の移行モデル」で授業が変わる
ダグラス・フィッシャー、ナンシー・フレイ
新評論
売り上げランキング: 2,259

「教育の主体は子どもたちだ」みたいな話は腐るほど耳目にする。で、実際腐っているケースもままあるみたいなのだけれど、なぜ腐るかといえば主体には責任があるぞってことを忘れている、あるいは忘れたふりをしているからぢゃないか。ってなあたりに連想を誘うタイトルだな。

Amazonページにも出ている内容説明や書評の類から察するに、なんだか大手予備校時代にも講義で話していたことがあるような主題の本みたい。指導者によらずとも自分で学ぶことが出来るようにする/なることを重視しなきゃぁねってな話を想像しているんだけれど、たしかめたくても、毎度ご近所の書店では見当たらない。ぶ~。



最終更新日時 : 2017-11-21 21:43:32  

「金剛山うっすら雪化粧 大阪・奈良の境」(共同通信 47NEWS)hatebuによれば、

大阪府と奈良県の境にある金剛山(1125メートル)で20日、初冠雪が確認され、山頂付近がうっすら雪化粧した。昨年は12月16日だった。

とのこと。金剛山[ググる!]の初冠雪、昨年よりも26日、1ヶ月近く早い冠雪ということになる。本日昼間実家から眺めたかぎりでは、雪が積もっている様子はもう確認できない。

YouTubeの動画、いつまで残っているのか覚束ないこともあるので、もう一つ、大差ない空撮、念のためにあげておく。

「金剛山、雪と紅葉でまだら模様 大阪・奈良府県境」(朝日新聞デジタル)hatebu


寒い寒いと話をしていると、はて、昨年の金剛山の初冠雪はいつでしたっけ、さて、昨年はずいぶん暑い年やったからもっと遅かったような、いやいや同じくらいぢゃなかったでしたっけ、そうですかね、そんなもんか、でも今年だってなかなかどうして、負けず劣らず暑かったんやないですか、そうですかねぇ、そうかなぁ……と、ずるずると会話は横滑りして前に進まず後にも退かない。とくに目的も持たない会話は別にそれで構わないのだけれど、というか正確な記録をさっさと引っ張り出してうだうだした淀みを断ち切ってしまうほうが野暮であることは間違いないのだけれど、一方で正確なところがどうだったのかが気になりもするのであって、話に引っ張り出さないことに決めた上でなら、こういうあたりを自分のブログに残しておいて、来年以降、サクッと確かめられるようにしておいたって構わないでしょ。

ついでに、2016 金剛山 冠雪[ググる!]と調べてみると、昨年はその前年より19日遅かったというようなこともわかったりする*1。そうか、年によって変動の幅は大きいのかもしれない、昨年より26日早いからといって大騒ぎするほどのことはないのかもな、とそれはそれで、また話を横滑りさせそうなネタに逢着したりもする。って、そう簡単に確かめられるものならば、わざわざこれを書くこともなかったか、と今にして気づくという為体ていたらく\(^o^)/


まぁ、何にしても寒いのは厭ですね。うー。


山登りなんぞはしないし、これからのシーズンともなるとしたくもないのだけれど、だからこういう地図が自分に必要だというわけではないのだけれど、「金剛・葛城」と言葉が続くと、出身小学校の「金剛葛城遠く見て」で始まる安西冬衛作詞山田耕筰作曲の校歌が自然と思い出されるというわけで、まぁ。



最終更新日時 : 2017-11-11 23:24:20  

他人様ひとさまtweetで失礼m(_ _)m


もうずいぶんRTされているから、twitterのユーザさんなら先刻御承知の「事例」かもしれない。でも、これ、ちょっとおもしろいよなぁ。並んでいるのは、幼稚園か小学校での何かの栽培、おそらくは種まき直後に添えられただれが担当の種なのか責任の所在を明らかにしておくための顔写真だろうと理解しつつも、同時に「間違った文脈」をだれもが思い浮かべているに違いないと想像できる写真なんだもん。誤解を招いてしまうのではなく、正しい理解をもたらすと共に「間違った文脈」への思いを誘う写真。

しかし、ここで考えてみたいのは「喚起」される「間違った文脈」の性格がずいぶん奇妙なものであることだ。僕は子どもたちがそこに埋葬されている墓地みたいなものを思い浮かべた。けれど、件のツイートに続く返信に目を通してみると必ずしもそればかりではないのだ。

みたいに、顔写真の子どもがそこから生えてくるというような「間違った文脈」を思い浮かべていらっしゃる例もある。

たしかに、返信コメントを眺めていると墓派のほうが多いのだけれど、しかし考えてみると生えてくる派の想起のほうがなにほどか現実に根ざしたもののようにも思えてくる。少なくとも目に見える現実としては、そちらが「間違った文脈」としては正しいんぢゃないか。

植物の種子を蒔く場合、そこに蒔いたのが何の種子であったかがわかるように、生育後の花なり実なりの写真が印刷された種子の袋を添えておくことはとくに珍しいことではない。つまり、何かの種子が蒔かれたであろう場所に顔写真が添えられていれば、そこからヒト乃至ヒトの首が生えてくる様子を想像するのは自然なことのように思える。非常にシンプルなアナロジー、写真に写った光景と「間違った文脈」との間にははっきりとした構造の対応が見て取れるからだ。

しかしそれに対して、墓、あるいは土饅頭に写真を添える風習は日本にないものではないか。少なくとも日常的に思い浮かべる日本的な埋葬風景にあるものではないだろう。ポピュラーな文学作品にだってそういう場面は登場しないんぢゃないか。とすると、埋葬や墓を想起した多数派、というか、僕自身は、一体どういう過程を経て件の写真から墓を思い浮かべるに至ったのか。

とおっしゃる方もいらっしゃるのだけれど、どうして顔写真と土が並ぶと多くのヒト、というか自分自身は墓をパッと思い浮かべるのだろう。

謎である。


デカメロン 上 (河出文庫)
ジョヴァンニ ボッカッチョ
河出書房新社 (2017-03-07)
売り上げランキング: 85,530

ヒトを土中に植えるという発想は『デカメロン』中の話を思い起こさせる。パゾリーニの『デカメロン』にも登場していた、兄弟に殺された恋人の首を鉢植えにする少女の話*1。元ネタは民話・伝説の類だろう。ヒトを植えるという発想そのものも案外人類普遍だったりするんだろうか。そうなると墓とヒトを植えるという発想の共通のルートみたいなものがあるのかもしれない、という無理矢理な解釈もデッチアゲられるかもなぁ。


購入なさる場合、気をつけたいのは中巻の存在。只今現在(2017年11月7日17時25分)のアマゾンのランキングを確認すると、上巻83,124位、中巻190,210位、下巻182,595位となっている。多くのヒトが上巻で挫折するというのは世にありがちなことだけれど、中巻の順位の落ち込み具合は、そういう類のものではないだろう。忘れられた中巻の切なさよ。

面倒臭ければ、Kindle版だけれど、

デカメロン 上中下合本版
河出書房新社 (2017-06-09)
売り上げランキング: 229,919

を選ぶという手もある、かな。


  • 注1 とはいえ、首を隠すためであって、そこから恋人が生えてくることを期待したってわけぢゃぁなかったんだけれど\(^o^)/

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 19 | 20 | 21 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
小論文の道具箱
折々のリンク
散歩
文章讀本
新しいカテゴリ1
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
東京スカイツリー
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

  1. ? (1)
  2. (1)

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
5459061 (7D:42158 Y:9136 T:2253) [Mode]
 
別冊 日々の与太