«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 26 | 27 | 28 || Next»
最終更新日時 : 2017-06-25 15:41:53  

今朝公開されたヴィデオ。Fiona Apple は、もう我が魂の友といって差し支えないかもなぁ。


なんだかグッとキちゃう映像。オリジナルの映像は、「Breakdancing Gorilla Enjoys Pool Behind-the-Scenes」(Dallas ZooTube、YouTube)hatebuの動物園自身が公開したもの。ひと目見て、何か喜びが溢れ出るような回転具合に何かしら音楽めいた律動があって、繰り返し見るうちに Zola(このゴリラくんの名前)の気分がこちらに憑依して来るような気がしたのだ。これはきっと、音楽を被せたヴィデオを作るヤツが出て来るに違いないと思ったのだけれど……。

音楽的な律動を感じるといっても、一定のテンポで現生人類の多くにとっては当たり前の4拍子だの3拍子だのに還元できるリズムがあるわけではないし、そもそも、音楽というよりもカイヨワの「めまいイリンクス」の遊びあたりを読み取ったほうが理屈としては素直な捉え方であるようにも見えるし、そういう捉え方のほうが同じ霊長類として云々カンヌンもっともらしい気の利いた話も出来そうな気がするのだけれど、まぁ感じちゃったものは仕方ありませんね\(^o^)/

しかしなぁ、映像のほうに加工を施して無理やり通常の音楽的リズムに合わせるようなのが出て来ても相手にしてやらないぞと思っていたところ、合わせるなんぞというケチ臭いことは考えず、テケトーに選んだ自分の作品をそのままの映像に被せてイッチょ上がりとする粗っぽいやり方に打って出るとは、さすが Fiona姐さんですわねぇぃ。畏れ入るしかございません。


この一週間、「Fiona Apple Rocks」(YouTube)hatebuでのヴィデオ公開が3本に及んでいて、何をどうしたんだかちょっと心配になって来なくもない。ここ数ヶ月來、どうも既存のやテケトーに撮影した映像にテケトーに曲を重ねただけといった、割とラフというか雑なヴィデオが続々登場していて、おかげさまでだかどうだか、視聴数がかつてとは比べ物にならないくらい減っているのだけれど\(^o^)/、うーん、そのうち著作権関連の問題でも起こさなきゃいいけどなぁ。悶着の絶えないのはいつものこととはいえ、何かと心配になりますわねぇ。


遊びと人間 (講談社学術文庫)
ロジェ・カイヨワ[ググる!]
講談社
売り上げランキング: 12,828

Tidal
Tidal
posted with amazlet at 17.06.25
Fiona Apple
Sony (1996-07-25)
売り上げランキング: 167,840

96年デビュー・アルバム。「Carrion」はアルバムの最後。詳細は「タイダル (アルバム)」(Wikipedia)hatebuなど参照されたし。




最終更新日時 : 2017-06-18 04:11:07  
バンブー茂、2004年
バンブー茂、2004年

バンブー茂、2004年11月

バンブー茂[ググる!]、今聴いてもキちゃうな。もう解散しちゃったバンドなのだけれど。

改めて聴いてみて、曲そのものはこのバンドのベストというわけではないだろうけれど、歌詞と声とをあわせてみると、個人的にはこれがはまりどころという感じ。

演奏力はあるし歌詞は当時のあれこれの中ではかなり煮詰めた感じの言葉の選択があって、他の作品も含めてもちっとウケても良かったはずなんだがなぁ。1999-2004年の活動期間が短いのか長いのかはわからないけれど、惜しいことには変わりない。たぶん、そう感じるヒトが他にもいるからだろう、ここへ来て YouTubeへの音源公開が増えてきたのは。


というわけで、たぶん聴いたことのないヒトにもいくらか響くことがあるんぢゃないかと思うのだけれど、どうかしら。響くといいんだけれどなぁ。


右上写真は、解散ライブ直前の渋谷路上ライブの様子。ヒドい映りなのだけれど、なにぶん本家「与太」サーバ内にかろうじて残っていたヤツなんで、まぁm(_ _)m


縁側←→宇宙
縁側←→宇宙
posted with amazlet at 17.06.16
バンブー茂
プライエイド (2002-09-11)
売り上げランキング: 772,832

《再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません》。うー。

YouTubeに一応の音源hatebuがあるにはあるのだけれど、ちゃんとした音源で安心して聴きたいよなぁ。う~ん。




最終更新日時 : 2017-05-14 11:43:05  

「Canto Ostinato」は、オランダのSimeon ten Holthatebuの70年代の代表作。任意の数の鍵盤楽器のための、任意の長さの作品とか何とかいうヤツ。細かい話は以下を参照のこと。

  • Simeon ten Holt, Dutch Composer 1923-2012hatebu

    オフィシャル。ページタイトルから想像される通り、すでに亡くなっている。今回これを書くためにググって初めて知ったという為体テイタラク

  • シメオン・テン・ホルト - Wikipediahatebu

    記述は、短いけれど……

  • Simeon ten Holt - Wikipediahatebu

    英語御本家版がさほど長いわけでもない*1。シメオン・テン・ホルトについての詳細は、オフィシャルのバイオグラフィを参照ってことになるのかな、ネットでは。

  • Canto Ostinato is a composition for keyboards. Duo Ostinato has recorded and played the piece many timeshatebu

    トップページで紹介されている YouTubeヴィデオ2つも、他ページで紹介されている録音、DVD、iTunes配信のも、全部冒頭で紹介したヤツでもピアノを弾いている Sandra & Jeroen van Veenが中心になっての演奏みたいだ。Sandra & Jeroen van Veenについても調べとかなきゃな。

    Sandra & Jeroen van Veenと「Canto Ostinato」の関係って、ひょっとして森 光子と林 芙美子『放浪記』みたいなもんなんだろうか。

  • Canto Ostinato - Wikipediahatebu

    残念ながら日本語版に項目なし…(;´Д`)ウウッ…「Performance」あたりは、それでもやっぱり読んでおきたいかもなぁ。

    なんとなく童謡「赤い鳥小鳥」を思い起こさせるところがありゃしませんかね。《赤い鳥 小鳥/なぜなぜ赤い/赤い実を食べた》が1番の歌詞、2番は「赤」を「白」、3番は「白」が「青」になっているんだけれど、歌詞を書いた北原白秋は、そこんところ任意の色を好き勝手に入れ替えて歌っていいぞとか何とか云っていたんだそうな。色名の知識がふんだんにあり字余りを恐れなければ*2、24時間は無理だとしてもそれなりの時間、歌い続けることだって出来なくはないな。執拗反復の歌、いっちょあがりだ(違


任意の楽器による演奏が許されるという点だけでも、それぞれ演奏の印象はずいぶん異なってくる。4台のピアノあたりが一番ポピュラーなのかも知れないけれど、全部ピアノでやられちゃうとどうも格調高くって、いささかゲンダイオンガク的な響きになっちゃうように感じられる*3。マリンバの軽さがあると、80年代以降のアンビエントに近しい感じで聴く/聞き流すことも出来てくるような気がする。しませんかね。

とそんなこんなで、BGMにしちゃってます。コアなファンの方、ごめんなさいませなm(_ _)m


Ten Holt: Canto Ostinato XL
Ten Holt: Canto Ostinato XL
posted with amazlet at 17.05.12
Brilliant Classics (2014-01-17)
売り上げランキング: 58,566

MP3版のみ。このアルバムは「Canto Ostinato」を様々な演奏楽器によるヴァージョンでむやみに収録している。アマゾンページの試聴だと、74番目からしばらくの部分が上に取り上げたヴィデオの演奏になる。まったくご苦労様なアルバムだなぁ*4

「Simeon ten Holt Canto Ostinato」の amazon.co.jpでの検索結果には、ピアノ、オルガン、ハープのソロから、ピアノ連弾その他演奏家の順列組合せにも事欠かずいろんな盤が並んでいるのだけれど、ここで取り上げたヴァージョンばかりは上がって来ない。どういうわけだ? マリンバのような鍵盤打楽器の軽くてパーカッシヴな音色は、ミニマルな音楽にはよく合うように思うのだけれど、そうは考えない音楽家さんたちのほうが多いってことか。う~ん。


  • 注1 この場合はオランダ語版が御本家かな。しかし、そちらも長いとはいえないなぁ。
  • 注2 だって、やっぱり「江戸紫」とか「ビリジアングリーン」だとかだと辛いものがあるもん。字余りだけぢゃなくて品詞的にも収まりが悪いしぃ。《江戸紫な鳥 小鳥/なぜなぜ江戸紫/江戸紫な実を食べたぁ~♪》。
  • 注3e.g. Ten Holt: Canto Ostinato - Complete - Live [HD] - AVROTROS Klassiek、YouTubehatebu。とはいえ、調性音楽になっているから、慣れちゃうやっぱり聞き流せちゃうけれど。でも、いくらか五月蝿い感じの部分が出て来ちゃうってところは動かないかなぁ。
  • 注4 YouTube再生ページには、Google Playや iTunesの販売ページへのリンクもある。ケシカラン\(^o^)/

最終更新日時 : 2017-05-07 03:37:36  

坂本龍一の新譜『async』からあれこれググっているうちにたどり着いた Solo Andata。async(非同期)からたとえば ZURE(ズレ)がたどれるように、言葉・コンセプトが評言をデッチ上げるのに好都合かも、というような邪なことを考えつつググっていたのだけれど、仮にそういう関係があったとしても、Solo Andata、そういうこととは関係なくチャーミングぢゃないか。


「andata」hatebuのピアノ演奏が終わってからの部分が、実は本作収録の「Look For Me here」hatebuをソースの1つとしている。どういう経緯でのことかは知らないが、これが「Chorale (Look For Me Here) (Remix by Ryuichi Sakamoto) by Solo Andata」(SoundCloud)hatebuとなり、「andata」(YouTube)hatebu後半部になるわけだ。

当初「andata」ってのは、収録曲に「walker」hatebuなんちゅうのもあるわけだし「アンダンテ(andante、歩くような速さで)」か何かの類の音楽用語だろうと思い込んでいたのだけれど、由来はこのグループの名前だったということになるんだろう。いやしかしまぁ、「solo andata」で「片道」の意のイタリア語だそうだから、「andata」は「道」ということになるんだろうし、道といえばまず歩くもの。となると、具体的な由来の経路はさておき、「Andante」だって、当たらずとも唐辛子ぢゃないか\(^o^)/

で、結局のところ、捏ね繰り回してデッチあげるはずだった言葉のほうはさっぱりなのだけれど、まぁ『Solo Andata』は気持ちがいいからいいのだ、ということにしておくのだ\(^o^)/


Solo Andatahatebuは、オーストラリア人2人のユニット。このアルバムが単独デビュー・アルバムということになるらしい。メジャーどころの SNSにはアカウントを持っているから、詳細情報はそのへんから漁ることになる。いずれもこの段落冒頭リンク先のオフィシャルからたどれる。


Solo Andata
Solo Andata
posted with amazlet at 17.05.05
Solo Andata
12K (2009-09-20)
売り上げランキング: 219,794

マケプレものしかないのが残念。MP3版もない。


year book 2005-2014 (CD2枚組)
坂本龍一
commmons (2015-01-17)
売り上げランキング: 5,118

「Chorale (Look For Me Here) (Remix by Ryuichi Sakamoto)」収録。


async
async
posted with amazlet at 17.04.26
坂本龍一
commmons (2017-03-29)
売り上げランキング: 122


最終更新日時 : 2017-05-07 16:10:09  

「Ryuichi Sakamoto - async」(YouTube)hatebu、再生リストにまとめてみた。残念ながら再生リストの埋め込み表示が出来ないので、とりあえずここでは1曲目だけを取り上げておく。再生リストは、リンク先にて利用されたし。

「本日のBGM/Ryuichi Sakamoto - async」hatebuで、SoundCloudの Milan Recordsのアカウントで、新しいオリジナル・アルバム『async』が全曲試聴が可能になっている旨お知らせしたのだけれど、あらま、いつの間にか公開作品数が全14曲から9曲に減っている。代わりに、なのかどうか、Milan Records USAの YouTubeチャンネルで改めて全14曲が公開された。ついでに「"async" Ryuichi Sakamoto's new studio album」(Milan Records USA、YouTube)hatebuというわけで、再生リストも公開されたのだけれど、これ、アルバム収録順とは逆順で作品が並べられている。ひょっとすると、タイトルの「async」にちなんでのことかもしれないのだけれど*1、うーん、少なくとも1曲目は教授節全開といっていい「andata」ぢゃなきゃ厭だ、というわけで、全曲公開されたアルバム収録順に従った再生リストにまとめなおしてみた。

すでに野良モノであれば、「Ryuichi Sakamoto-Async (full album)」(YouTube)hatebuがあるのだけれど、せっかくオフィシャルで全曲公開されているのを利用しないのもなんだか申し訳ないぢゃないか。


async
async
posted with amazlet at 17.04.26
坂本龍一
commmons (2017-03-29)
売り上げランキング: 122
async [Analog]
async [Analog]
posted with amazlet at 17.04.26
坂本龍一
commmons (2017-05-17)
売り上げランキング: 9,984

音源が変わるとガラッと印象が変わるような音作りぢゃないかと思う。今の懐具合ではLP(5月17日発売)にはちょいと手が出ないなぁ。う~ん。


美術手帖 2017年5月号
美術手帖 2017年5月号
posted with amazlet at 17.04.26

美術出版社 (2017-04-17)

ずいぶんと力の入った特集。


ミュージックマガジン 2017年 05 月号

ミュージックマガジン (2017-04-20)

こちらは未見なのだけれど。


  • 注1 って、まさかねぇ。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 26 | 27 | 28 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
3606521 (7D:25230 Y:3727 T:669) [Mode]
 
別冊 日々の与太