«Prev || 1 || Next»
最終更新日時 : 2017-05-28 20:33:48  

先日の「ここのところの復旧更新状況/謎のポーズ」hatebu冒頭で取り上げた疑問について、

別冊 日々の与太 » ここのところの復旧更新状況/謎のポーズ

王・王妃などに跪く礼法ですね。http://www.traditioninaction.org/Questions/B289_Chartres.htmlに少し説明があります。以前、象までこれやってました→http://topnews.one/index.php?newsid=7003

2017/05/12 23:19

とのご教示を賜る。

儀式みたいなヤツで王族に対して採られるポーズであるから、礼法の類であることはさすがの僕でも見当はつくのだけれど、象であっても礼法を守らねばならぬ(ときもある)というのはまったくもって、タイの生物は、ヒトも含めてご苦労様である。


この件のポーズがおもしろいのは、寝転がって肩肘つきながら酒だか茶だかをがせているというふうにも見え、そういうふうに見てしまうと日本的な礼節からすればむしろゾンザイな態度で接しているとしか感じられなくもないのだけれど、しかしこの姿勢からであれば、凶器武器の類を振りかざして襲いかかるというわけにはなかなか行かないわけで、目下のものを寛がせるかのように見せながら、実は生殺与奪の権を手中に収めているのは王族の側だというあたり。


遠い昔、謁見の際に王を暗殺して新たにその座を得た誰かが、自分ばかりはそういう目に遭いたくないと案出したのがこのスタイルだ、なんちゅうことを妄想したりする。

「これまでの謁見では、正座に土下座の辛さが臣下の者たちには不評だった。暑い最中にしんどい思いをし続けてきたことが、何を隠そう、実は我輩が王を倒そうと考えたそもそもきっかけでもあったのぢゃ。辛い思いをさせつつ、両手の自由を臣下に残しておいたのが旧王の迂闊なところ。ジャングルの奥深くでしびれを切らさぬ修行を積んだ上で臨んだ謁見の儀、懐に潜めた刃物で見事にあのうつけ者の王を討ち果たしてやったわ。

しかし、あのうつけ者の王と同じことを繰り返しておったのではいけない。謁見の儀の作法を改革することなくしては我が王朝の安泰もないのぢゃ。身分の上下をはっきりと形に表しつつも、臣下に苦痛を与えること少なく、かつ両手の自由を奪って我が身の安全を確保する礼法を確立するには、さて、どうしたものかのぉ」

と、長い思案の果てに編み出されたセキュリティ万全の作法が、件の寝っ転がっちゃうスタイルなのである。そのような来歴を知る者にとっては、象を寝転がらせるような真似は、まったくもって笑止千万、ただ王族の安全を守るという作法の由来を都合よく隠蔽する技というしかないのである。


なんてなことはまずないのだろうけれど\(^o^)/。でも、何かそういう由来を語る伝説みたいなものが残っていたりしないものだろうか。まぁ、残ってないかぁ。


リアルぬいぐるみ アフリカゾウ ねそべりシリーズ
カロラータ
売り上げランキング: 57,838

やっぱり耳の大きさの面白さといえば、アフリカゾウになっちゃうのかな。インドゾウの類となると生真面目な小さいフィギュアはあっても、こういうかわいいぬいぐるみは見当たらない。アフリカゾウなら、生真面目なフィギュアであっても、

というような無茶なヤツだってあるのにな。ざっと260万円、送料が関東へのもので10万円。アマゾンの奇妙な高額商品、例によって例の如しで、カスタマーレビューが22件にのぼっている。君らホントにうたんかい。一応売上げランキングがついているから、中には一人二人購入者がいるのかもしれないのだけれど。




最終更新日時 : 2017-03-05 01:30:51  

先日のこれ、

別冊 日々の与太 » 本日の埋草/製造所固有記号OIの謎

栃木工場は関連会社のオイシアの工場だったからですね。吸収合併でオイシアはなくなりましたが製造所固有番号にはその名前が残ったのでしょう。栃木は他にも工場があるので県名頭文字そのままが使えない。

2017/02/21 11:58

と、「火薬と鋼」hatebuの machida77さんから、ブコメ経由のご教示を賜る。

あぁ、固有記号、地名由来ではなかったということなのかぁ。これはしたり。これはちょっとググって確認してみますかぁ、ということでたどり着いたのが、「製造所固有記号のアルファベットや数字の意味は何ですか?」(お客様相談室、カルビー株式会社)hatebu

20170228174316

製造所固有記号と工場名*1

なるほど。となると、「H」も「Hiroshima」の頭文字ではない可能性があるわけだ。ひょっとすると東棟は「Hiroshima」の頭文字だったとしても、西棟の「M」は別の由来を持っているという可能性もあるけれど。うーん。そこいらへんは別途調査を要するというところか。そこまで知りたいという欲求はないから、何かの拍子で判明するのを待つことにする。ズボラで申し訳ない\(^o^)/

同ページには、製造所固有記号以外の記号や数字の意味も掲載されている。せっかくだから冒頭のかっぱえびせん、右側の数字と英字の意味も読み解いておくことにする。上段の数字は《シリアルナンバー(その日・その工場にて製造された該当商品の中で何番目に作られたかわかる番号)》ということだから、この袋は当日、25593番目に作られたものだということになる。ずいぶんたくさん作ってるのね。で、下段は《ライン記号》で左から1桁目=製造ライン記号、2桁目=包装機械の記号、3桁目=製造時刻(時間記号)、4・5桁目=分を表す数字ということだから、広島工場東棟の A製造ラインで作られ、K包装機械で包装され、0時(って何時なんだろう? 記号とあるからには素直に真夜中の0時ってわけぢゃなさそうだけれど)、25分に完成した製品だということになる*2

こういう解読作業を要するということは、こうした記号は一般消費者向けに記されたものではないということなのだろうか。しかし、かといって、通常の状態ならばメーカー側で必要になるものとも思えない。完成後に記されるものである以上、製造所内では記された直後に製品は箱詰めされるはずで、そもそも目にする機会がほとんどないだろうからだ。

となると、これは、たとえば異物混入のような、何らかの事故が発生した場合にのみ意味を持つ記号なのだ、ということになるんだろうか。なるほど、それならば製造所や製造ライン、分刻みの製造時間といった、ずいぶん細かなところまで記録される意味も見えて来るような気がする。しかし、ならば、こんなところにデカデカと記されるべき理由はなんだろう。袋の片隅だと、袋を開けるときに切り落とされてしまい、確認できないからとかなんとか、そんな理由でもあるのだろうか。これくらいの位置とサイズで表記しておけば、オマヌケな消費者さんでも電話の前で読み上げることくらい出来ないわけはないだろうしなぁ。

と、また余計なことを気にし始めてしまうというテイタラク。


カルビー かっぱえびせん 26g × 24袋
カルビー
売り上げランキング: 4,714



最終更新日時 : 2015-07-22 14:11:06  

これはなかなか。

しっかし、こんなデカいのに飛びつかれたのでは、アテクシなんぞはぶっ倒れちゃいますね。初対面が仔ライオン時代の2012年というのだから、ライオンってデカくなるのが早いんだな。いやしかししかし、ここまで懐くものなのか。

「Sirga the lioness」(Telegraph) はてなブックマーク - Sirga the lioness - Telegraphに、二人というか、バレンティン・グルーナー(Valentin Gruener、ヒト)くんとサーガ(Sirga、ライオン)ちゃんとの出会いの頃の写真も出ているのだけれど、まぁ驚くより他対応の仕方はございませんね。


仔ライオンでいるうちは、子どものいいオモチャみたいなもんだけれど、こうやって遊んでいるうちに子どもに懐いたとして、3年も経てばサーガちゃん並みに、つまりは子どもたちよりもデカくなっていること請け合いだもの、挨拶だろうが何だろうが子どもに飛びつきでもしたら、まぁちょいとした騒ぎくらいには間違いなくなっちゃうよなぁ。

詳細は、「遊び相手は百獣の王?難民キャンプに暮らす子ライオン」(AFPBB News) はてなブックマーク - 遊び相手は百獣の王?難民キャンプに暮らす子ライオン 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News参照。今後、このライオンくんたちがどうなるのかは今のところわからないみたい。子どもたちにも仔ライオンくんたちにも幸多からんことを。


しかし、懐くのはいいとしてもだ、

っと、ここまでデレデレ状態になっちゃうと、傍観者的にはいささかしらけて来なくもない。

アフリカ南部ザンビアのリビングストンにある「ムクニ・ビッグ5・サファリ」は、ライオンやチータと直接触れ合い、森の中を一緒に散歩することができる珍しい施設だ。

ライオンは家畜化することが不可能な野生動物といわれているが、赤ちゃんのころに保護するなどして育てると人に慣れ、さらにエサを十分に与えていれば、人を襲う心配はないという。一方、チータはペットとして飼いならすことが可能な唯一の猛獣で、にわかには信じがたいが施設の職員は「巨大な猫と思ってください」と話していた。

ライオン、チーターと森を散歩=アフリカ・ザンビアで体験 - YouTube はてなブックマーク - ライオン、チーターと森を散歩=アフリカ・ザンビアで体験 - YouTube

そんなもんなんでございますかね。うーん。しかしなぁ、百獣の王であるはずの獅子くん、恩義ある相手ばかりでなく、観光客の目の前でも節操なく腹を見せてゴロンと転がっちゃうというのは情けないなぁ。こうなっちゃうと、完全な家畜に成り下がったわけではないとしても、もう自然に帰ってゆくことなど出来なくなっちゃっていやしないかしら。


やはりここは、ライオン対ヒト、不倶戴天の敵同士として、

くらいの緊張感あるお付き合い具合を見せてくれているほうがいいかなぁ。うーん。


考えてみれば、今の日本で普通に生活していると、猛獣としてのライオンなんて実はほとんど目にすることなどできない。もちろん、自分から進んで見ようと考えれば、ネットでも売り物のヴィデオでも、その手の映像が存在しないわけではないけれど、普通に暮らしているぶんにはまず機会はない。メディアを通してであっても。猛獣としてのライオンよりも、なんだかネコ化したようなのやアニメになったイメージのほうが多いくらいなんぢゃないだろうか。猛獣としてのライオンたちはどこ行っちゃった?


Dancing in the Dragon's Jaws
Dancing in the Dragon's Jaws
posted with amazlet at 15.03.24
Bruce Cockburn
Sony Special Product (2000-01-01)
売り上げランキング: 1,619,518

CDはマーケットプレイスものしかないのかぁ。もともとは79年かそこいら。たしかめたことはないけれど、アマゾンで自分の聞いていたアレコレを眺めるともなく眺めていると、CDに関しては70年代80年代のアレコレはなんとなくここ数年で新たな淘汰を受けているような感じがする。新しい版が出ない感じ? まぁ爺ぃどもの歌がいつまでものさばっていると後がつかえていかんっちゅうことなのかもしれないけれど。


Dancing In The Dragon's Jaws (Deluxe Edition)
True North (2003-11-11)
売り上げランキング: 68,582

というわけでMP3版。グッとお安くなっております。1曲100円のバラ売りありだし。MP3なら場所ふさぎにはなりにくい。爺ぃどもの歌はMP3で生き延びるよりほかないんだろうか。うーん。



最終更新日時 : 2017-05-22 01:30:23  
読書発電所

読書発電所*1

読書発電所本館看板

読書発電所本館看板*2

読書発電所。水力で発電すれば水力発電所、火力なら火力発電所、原子力なら原子力発電所なのだから、読書発電所ならば読書によって発電すると考えるのはさほど不自然なこととは思えない。思えないけれど、そんな事態はあり得ない。

というわけで、どうしたってこちらの興味を惹かずにはいない名前である。


しかし、ちょろっとググってみると、なぁんだ、である。読書村にあるから読書発電所であるに過ぎないのだという。では読書村とはいかなる村か。その特殊な地名のよって来る由縁は? と、これもなぁんだ、別に文教政策に力を注いで、村民みなさん読書家揃いというような結構なお話が地名の背後にあるわけではない。毎度、現実とはつまらないもので、そもそも「読書」と書いて「どくしょ」ぢゃなくて「よみかき」と読むってことになってる。1874年に合併した《与川村(がわむら)、三留野村(どのむら)、柿其村(かきぞれ)の頭文字をとった》*3とのこと*4

うー。これだから調べ物なんてするもんぢゃない。うー\(^o^)/


かくなる上は、読書発電を発明せねばなるまい。

読書そのものからエネルギーを捻り出すのはなかなか難しい。むしろ、頭脳を使う活動とあっては消費するエネルギーが馬鹿にならない。頭脳労働に勤しむヒトは、全身分の20%から、多い場合は30%を超える酸素を脳で消費するという話を聞いたことがある。酸素を消費するとはすなわちエネルギーを消費しているということだ。だから、柄に合わぬ難しい本を読んだりすると知恵熱を出すハメになる、というのは嘘っぱちだが*5、とにかく読書はエネルギーを生み出すというよりも消費する営みであって、これを直接電力源とすることは難しそうだ。

読書そのものによる発電が無理だとすれば、読書に付随する何かを利用することは出来ないか。たとえば、ヒトは難解な書物を読むとき、思わず知らず貧乏ゆすりをしていないだろうか。我が事は知らず、にしても、他人様ひとさまが貧乏ゆすりしながら分厚い本に目を通しているというような光景は、どこの図書館の閲覧室でも目に出来るのではないか。他に用いられることなく無駄に発散してゆく運動エネルギーがここにあるわけだ。貧乏ゆすりによって生み出される運動エネルギーを電気エネルギーに変換するというのであれば、読書発電もあながち非現実的だとはいえないかもしれない。

考えてみれば、似たような事例はすでにあるではないか。

圧電素子の利用、これである。貧乏ゆすりでは、ハイウェイどころかクラブのダンスフロアほどの振動も期待出来ないような気がしないでもないが、しかし、それはきっと気の迷い、貧乏ゆすりの癖がある図書館利用者専用の閲覧室を設け、その床に圧電素子を敷き詰め、図書館界隈の貧乏ゆすりを癖とする読書人を一堂に集めれば、なかなかどうして馬鹿に出来ない発電量が誇れないとも限らない。貧乏ゆすりは圧力の変化として圧電素子から電力を生み出し、生み出された電力は電力会社への売電を通じて図書購入費に回すことが出来る。そうなれば、貧乏ゆすりは、地域の文化向上に資するもの、恥ずべき癖ではなく誇り得る所作となって、ヒトビトを詰まらぬコンプレックスから解放することにもなるであろう。八方めでたしめでたしである。

なんちゅう具合にはならんのだろうなぁ。つくづく現実はつまらない。うー。


乙女の読書道
乙女の読書道
posted with amazlet at 17.05.21
池澤 春菜
本の雑誌社
売り上げランキング: 282,775

御父君との対談あり。



«Prev || 1 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

  1. ???c? (1)

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
3606517 (7D:25226 Y:3727 T:665) [Mode]
 
別冊 日々の与太