«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 153 | 154 | 155 || Next»
最終更新日時 : 2017-08-07 02:32:30  

冒頭のヴィデオは英語字幕が一応利用できる*1。再生画面下のCCボタンをクリックされたし。


というわけで、「本日の備忘録/Genetic Engineering Will Change Everything Forever – CRISPR」hatebu「本日の備忘録/How To Eradicate One Of Our Deadliest Enemies – Gene Drive & Malaria」hatebu*2で扱った遺伝子改変/遺伝子工学ネタ、なんとなく思っていたよりも早く実用になる可能性のありそうな話が出て来た。

日本語では「ゲノム編集でヒト受精卵を修復、米初、将来性は?」(ナショナルジオグラフィック日本版サイト)hatebuあたりかな。

このほど、米国の研究チームが初めてヒト受精卵の遺伝子編集を行った。8月2日に科学誌「ネイチャー」に発表された論文によると、研究チームは「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」という「遺伝子のはさみ」を使って、58個中42個の受精卵から、肥大型心筋症という遺伝性の心臓病の原因となる遺伝子変異を除去することに成功した。

遺伝子編集を施した受精卵を胎内に戻したわけではないから、ただちに肥大型心筋症の遺伝子変異を除去した子どもが生まれるという話ではないけれど、そういうところに技術的にはほとんど到達したみたいなもんだということになるんだろうか。小論文ネタとしては具体例にしかならないけれど、関心の高さを示す事例にはなるから簡潔に整理して頭にとどめておきたい*3。何にしてもこの手の話、すっきりした答えを短時間でホイホイ出せちゃうような話題ではないから、このへんの話題を警戒しておいたほうがいいところを受験するってヒトは、とりあえずの考え方でもまとめておくのがいいんぢゃないですかね。

記事中からリンクが設けられている2015年12月の「天才を作り出す?『賢い遺伝子』の研究は是か非か」(ナショナルジオグラフィック日本版サイト)hatebuあたりについてだって、今年5月の「『知能遺伝子』52個を特定、IQ差の2割を説明」(AFPBB News)hatebuという研究論文が出たりしている。なんだかんだ云ってる間にどんどん研究なり技術なりは進んぢゃう。それ自体、厄介なこっちゃね。

個人的にはAFPのほうの記事にある

IQの高さに関連する遺伝子変異の多くは、就学年数が長い、幼児期の頭のサイズが大きい、背が高いといったその他属性との関連がみられた。喫煙習慣を絶つことに成功するといったものもあった。

ってなあたり、幼児期に限らず頭のサイズがデカいのはまぁいいとして、いつまでも禁煙できないオノレの低知能DNA具合を呪うことしかできませんがね\(^o^)/


ゲノム編集を問う――作物からヒトまで (岩波新書)
石井 哲也
岩波書店
売り上げランキング: 24,555

7月21日に出たばかりだし、岩波モノということで。まだ読んでないんだけれど\(^o^)/


  • 注1 ただし、ナレーションその他音声のほうがどんどん先に進んぢゃって同期しているとは到底云えないのがアレなんだけれど。後のヴィデオは字幕なし。でも、独りの考え方を整理して一度頭に入れてみるのも、後で多様な見方を身につけるのに好都合ってこともヒトによってはあるでしょ。僕は聴き取りがさっぱりなんだけれど\(^o^)/、イマドキの受験生は英語の聴き取りだってしっかり勉強してるんでしょ? というわけでまぁ。/ついでながら、ヴィデオ中で紹介されているNatureのページは、「Correction of a pathogenic gene mutation in human embryos」(Nature Research)hatebu
  • 注2 どちらで取り上げたヴィデオも日本語字幕利用可能になっている。再生ボタンをクリックしたら一旦ポーズした上で、再生画面下右から4つ目のアイコンをクリック、続いて隣の歯車アイコンをクリックして現れる「字幕」メニューをクリック、さらに現れるメニューから「日本語」を選択する。/デフォルトで日本語字幕が出るようにしていたんだけれど、どうも YouTube、字幕表示のパラメタが変更になったみたいで、手間を取らせてすまん。
  • 注3 考え方のごく大雑把な枠組みは、「本日の備忘録/How To Eradicate One Of Our Deadliest Enemies – Gene Drive & Malaria」hatebuで簡単に触れた。でも、小論文答案に使えるネタにするには、自分で整理し直しておかないと駄目ですな。あと、「本日の備忘録/Genetic Engineering Will Change Everything Forever – CRISPR」hatebuのヴィデオで取り上げているデザイナーベイビーのような人体改造みたいな話も問題点としてはまとめ直しておくと(たぶん)いいぞ。


最終更新日時 : 2017-08-03 01:25:25  

大阪は明日も猛暑日の予報が出ている*1。こうも暑い日続きだというのに、しかし、ひと頃盛んに耳目にした「熱帯夜」という言葉、最近では絶滅してしまったみたいだ。これはいったいどういうわけか。たぶん、熱帯夜が恒常化して取り立てて云う必要などなくなったからといったあたりか。いちいち日々の気温を記録していなくてもそこいらへんの見当に間違いはないだろう。といった素人の当てずっぽうは得てして当てにならないというわけで、ググってみると素人の当てずっぽうもたまには当たることがわかる。

を見てみるといい。他の地方のことは知らないが、少なくとも大阪の場合、7月22日~8月26日まで最低気温25℃以上、つまり熱帯夜の日々が続いていることがわかる。ついでながら最高気温はといえば、7月25日~8月25日まで、ずっと33℃台が続いている。でもって、8月は30℃を割ることなく終わる。なるほど、1ヶ月にわたって熱帯夜が続いているのなら、「今夜は熱帯夜になりそうです」と改めて予報してみせるのも、「ここひと月、熱帯夜が続いております」といちいち解説するのも、間が抜けているといわざるを得ない。そんなこんなで「熱帯夜」は絶滅してしまったわけですね。R.I.P.

なお、リンク先の表、各項目の「統計期間」を見ると現在の「平年値」は、1981~2010年の観測結果の平均ということみたい。とすると、ここ数年、《先月の気温は観測史上最高!》といった報道もちょくちょく耳目にしたんだからして、これらの期間が長くなっていたり、最高気温が多少は上昇していたりといったことも、たぶん起こっているんぢゃないかしら。遠からず猛暑日が平年値であるような日も登場するんだろう。そういう未来と比べれば、今はまだ涼しいのだ、涼しいのだと念仏のように唱えることにするべし\(^o^)/

高温注意情報、2011年8月

お天気予報パーフェクトセット ([バラエティ])

学研プラス
売り上げランキング: 94,381

夏休みの自由研究とかのネタとしては、すでに手遅れだろうテーマを扱っているわけだけれど、そういうのとは関係なく、空を眺める生活というのは悪くないものだと思いますね。

ただし、自分で行う天気予報は、一般に向けて公開するとなんだったっけかの法律に抵触する。たぶん、よほどのことか別件で怪しいことでもしていないかぎり捕まったり罰せられることはないんぢゃないかと思うけれど、うっかりブログ等で公開しないように注意。公開したい場合は予報士の資格を取ってから。




最終更新日時 : 2017-08-20 23:23:07  

掲示板から、ふと呼び止められるような感触があって、立ち止まる。

斜めに書かれた文字列では、パッと見、縦書きなのか横書きなのかわからない。自分が「矢吹」姓であったりすると《「矢吹康健」って誰ですかいな?》というようなことを考え込んでしまったりするぢゃないか。ここはやはり、左側を高く、右側を低くすることで、縦書きだろうが横書きだろうが誤りなく読まれるように文字を布置すべきだろう。

と思うのは素人の浅はかさ、実はそこいらへん読み違えから生じる話題性を狙ったデザインであるのかもしれない、と思ったり思わなかったり。

というか、矢吹姓の持ち主ででもなければ、そもそも読み間違えたりしないのかもしれんなぁ\(^o^)/


ついでながら、会場に隣接するという「熊野小学校」の「熊野」、ちゃんと読めるヒト、どれくらいいらっしゃるかしら。熊野小学校は、1871年創立、堺市内でも歴史を誇る小学校。熊野小学校ホームページhatebuを覗くと、「くまっ子学級」というようなメニューもあるし、他地方の方だと「吉野熊野」なんかにも連想が飛んで、能の愛好者さんででもなければ*1、ここはどうしたって「くまのしょうがっこう」と読みたくなっちゃうんぢゃないだろうか。

ところがどっこいあにはからんや、小学校の「熊野」は「ゆや」と読む。どうしてそうなったのかは実はよくわからない。堺市のサイトにある「地名あれこれ 堺市堺区」hatebuによれば、

熊野をクマノと読むかユヤと読むか種々論議が分かれていますが、もとは湯屋町となっていました。それが、明治5年(1872年)の町名改正の時に、熊野町となりました。字だけ変えたのか呼び名も改めたのか明らかではなく、両方使われています。昔は、湯屋が多く並んでいたところから湯屋町の地名になったと言われていますが、一説には、天神の境内において風呂を炊きだして一般の人々に施したところから、この名がついたとも言われています。

とのこと。なんだかいい加減な話である。実際、この界隈を「熊野町西/熊野町東」と記すのだけれど、行政的には「くまのちょうにし」「くまのちょうひがし」と呼ぶ。湯屋には湯女ゆながつきもので、そこいらへんのアレコレをモニョモニョしようということで、湯屋を熊野と置き換えて、さらに「くまの」と読ませたのかしらとも想像する*2。堺の代表的な遊郭だった龍神、栄橋もそう遠くないし……しかぁし、もしそんな事情であればわざわざ小学校に「ゆや」の読みを残すはずはないだろうしなぁ。まぁ、素人がアレコレ考えたってわかんないですね。う~ん。わかるのは当時のお役人さんも、昨今の官僚さんやら政治屋さんやらと同じく、記録を放擲したり記憶をなくしたりしちゃうヒトたちだったということですかね(違、\(^o^)/

堺市立熊野ゆや小学校

大小路に面しているので、堺東駅から堺駅に向かって素直に歩いてゆけば右手に見えてくる。小学校、大昔の面影はないけれど立派だし大小路に架かっている小学校前の歩道橋もなかなか。堺のハズレの僕の出身小学校とは今も昔も大違いであるってことばかりは間違いないのだな\(^o^)/


参考文献、みたいな

堺を歩けば。
堺を歩けば。
posted with amazlet at 17.08.01

140B
売り上げランキング: 118,764

  • 注1 「吾輩は猫である」の作中、珍野苦沙弥が「後架先生」とご近所から呼ばれるようになった所以の謡が、直接そうとは書かれていないのだけれど「熊野」だったりする。/「猫」への言及はないけれど、「熊野 (能)」(Wikipedia)hatebuなど参照されたし。
  • 注2 上に引用したページの出典である堺商工会議所刊『地名あれこれ』にはさらに続く記述があって、その末尾には《熊野の字に改められた理由は、熊野権現へまいる熊野街道からと考えられます。熊野町の南が大小路の通りで、江戸時代は南郷と北郷の境になっていました。当地は竹内街道や長尾街道・西高野街道へ出る要所であり、更に南北の交通では熊野街道・紀州街道があり、堺の町の中心地であったことが理解されます》(p.44)とある。いずれにしても、なんでわざわざ文字を置き換えることになったのかはわかんないなぁ。さらに堺の公式ページ「地名の由来が知りたいんだけど?」(堺市)hatebuでは、「熊野町(くまのちょう)」の地名の由来として、《明治5年に当地にあった、熊野神社にちなみ「熊野」に改字し、読みも次第に「くまの」に変わりましたが、小学校などに「ゆや」の読みが残っています》と書かれている。あっちとこっちぢゃエラい違いませんかね。もいっちょ、「堺市立熊野小学校」(Wikipedia)hatebu「備考」によると、「地名の由来が知りたいんだけど?」に登場する熊野神社の社名も「ゆや」と呼ばれていた旨の記述が出て来る\(^o^)/

最終更新日時 : 2017-07-31 02:33:59  

「東芝失態、株主から糾弾 総会『経営陣全員代われ』」(KyodoNews、YouTube)hatebuから。33~40秒あたりまで、だれに手を振るというわけでもなく、わずかに唇を動かしながらも基本的にはじっと手を挙げたまま。最後にこちらに顔を向けたところで画面は切り替わってしまうから、これ以降、彼がどうしていたかはわからない。

株主総会シーズン、もう丸一ヶ月昔のこと。これはいったいどういう意味のあるポーズなんだろう。妙なポーズのままではあっても、だれも咎める様子がない。耳にはイヤフォンも挿しているところなど見ると、変なにいちゃんどころではない、これは東芝側関係者、ひょっとすると警備担当かその類の何かを務めているのかも。そうともなれば、いかに奇妙なものであれ、油断大敵火がボウボウ、常に緊張を以て職務に当たる人間が無意味なポーズで突っ立っているとは考えられない。とすると……。

テロリストの急襲を喰らい、彼の後ろにいるような案内受付嬢を人質に獲られたとしよう。大声を出すな、仲間に知らせるな、もしそんなことをしたら、このねえちゃんたちの命は保証できねぇぞ、と脅されたらばさてどうすればいいか。声を挙げることはむろんできないし、周囲の目を引くべく手を大きく振るわけにもいかないだろう。とすれば、ことそういう事態に及んでからではどうしようもないのである。

こういう事態には普段からの対処の備えが重要なのである。その要がこのにいちゃんの変な手かざしポーズなのである。つまり、常日頃は何らかの奇妙なポーズをとることにし、緊急事態が発生したときにはかえって当たり前の、たとえば、手を降ろして当たり前に振る舞うというふうに決めておくのである。そういう決まりがあるとは露知らぬテロリスト、にいちゃんがおとなしくしておるわいと高を括って事を先に進めようとしたときには、緊急事態の発生はすぐ広く知れ渡って、とっくに公安関係者がテロリストくんたちを包囲しているという次第。

なるほど、そう考えるならば、ああいうふうにずっと馬鹿みたいに手を挙げ続けていることも理解出来なくもない、というようなのは、ちょっと発想的に凡庸に過ぎますかね。う~ん。


ここのところの復旧エントリ

だいたい作業順になっている(かな?)。


ごめんなさい

データベースのほうのファイルからのデータ抽出がまだうまくいっていない。いただいたコメントが記録されていないファイルを復旧作業に用いている。そのためにコメントの復旧が出来ないままになっている。申し訳ないm(_ _)m

データベースのファイルからの復旧が出来るようになったらば、必ずコメントも戻すのでどうか気を長くしてお待ちくださいませ。


更新状況を知るには

「せるくまに関するNeanのはてなブックマーク」 はてなブックマーク - せるくまに関するNeanのはてなブックマークをご覧いただくと、通常の更新共々、エントリ復旧の様子もだいたいのところ、ご確認いただけるようになっています。ただし、僕個人が読み返すためだけに復旧させたエントリに関しては、ブックマークしていません。


立ち読み課題図書、その他

リバーズ・エッジ オリジナル復刻版
岡崎 京子
宝島社
売り上げランキング: 12,845

折あってひさしぶりに読み返した。相変わらずいい。でも、もうこれもある種の古典になっちゃったんだな、たぶん。刊行されたのが1994年。それだけとったってそうぢゃないですかね。


堺を歩けば。
堺を歩けば。
posted with amazlet at 17.05.07

140B
売り上げランキング: 6,665

旧堺の観光ガイド。というか堺観光といえば結局のところ「旧堺」と相場は決っているわけで、こういうのを眺めていると、1962年(だったけか)に合併した実家界隈は所詮「外様」なんだよな、堺にとって、ってな拗ねた気分になっちゃわないでもないかなぁ。


よくわかるメタファー: 表現技法のしくみ (ちくま学芸文庫)
瀬戸 賢一
筑摩書房
売り上げランキング: 15,072

瀬戸賢一モノということで。


論理的思考 最高の教科書 (サイエンス・アイ新書)
福澤 一吉
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 27,161

福澤一吉モノということで。8月16日。


復旧状況とは関係なく強力プッシュ中。これまでの文章術指南書に飽き足らないヒト、添削指導の質向上を図りたい文章指導に当たるヒトは、まず読むべき。



最終更新日時 : 2017-07-25 14:01:51  

またですよ。「スリランカ海軍、沖に流されたゾウをまた救出 今度は2頭」(AFPBB News)hatebu。前回はもう少し幼い感じの象だったし、今回よりも沖合だったという違いはあるのだけれど。前回の模様は、

をはじめ、いろんなところで取り上げられている。

《海軍当局者によると、これらのゾウは浅瀬になっている潟を渡っている途中に流されたようだという》*1んだそうだが、そうなるとやはり一定の頻度で象は海に流されるものなのだろうか。それとも、もしたった10日かそこいらで同じようなことが起こるのが珍しいことだとすれば、この2件は何か特殊な条件が効いてのことなんだろうか。同時期、

みたいにご近所インドでは大雨が降っていたし、ちょっと離れているけれど、ミャンマーでは、やはり大雨絡みであろう、

なんてことが起こっていた。スリランカでもやっぱり大雨が降っていて、川流れに遭いやすい状況になっていたとか、海岸付近の潮流に変化が起きていたとかいったことはなかっただろうか。

韓国の動物園での出来事。子象が足の着かない池の深みに落ちちゃったのを親象たちが助け出したところ。子どもが池に落ちたときの親象のあたふたぶりも興味深いのだが、もう一頭のやはり親象だろうか、がやって来て協調しながら子象を助ける賢さは、ちょいと驚いてもいいくらいだろう。

こうした象の賢さを考えると、とくに前回の子象一頭の場合、たとえ少しばかり沖に流されそうになったとしても、親象が何とか陸地に誘導するくらいのことが出来たとしてもバチは当たらないように思える。現実にはそうならず、子象が沖合9キロまで流されてしまったということは、やはりそこに親象の対応を超えた常ならぬ事態が発生していたのではないか、と考えるのだけれど、実際のところどうなんだろう。


シュライヒ ワイルドライフ インド象 (オス) フィギュア 14653
シュライヒ (2012-02-03)
売り上げランキング: 41,289

暑さが続く折から、みなさま、熱中症にはご注意を。と、象つながりついでに^^;



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 153 | 154 | 155 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
3819437 (7D:24267 Y:3669 T:2413) [Mode]
 
別冊 日々の与太