«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 || Next»
最終更新日時 : 2017-02-12 12:52:11  

別にClash!モノをシリーズ化するつもりはないし、映像は無音だし……なんだけれど、あんまりに見事なものだから。

Nobody was hurt when a tractor-trailer blew over onto a Wyoming Highway Patrol car, a freak accident caught on dramatic video. (Feb. 10)

とのこと。こんな事故はそれ自体稀なものではあるのだろうけれど、怪我人が一人も出ていないというのもスゴいなぁ。お巡りさん、車外に出ていたということなんだろうか。車内にいてなおかつ無傷だったというのなら、あなた、人間ぢゃないでしょ、ってなもんか。トレイラーの運ちゃんは大丈夫だったのかしら? 正確な事故の発生現場や時刻は、「Truck lands on police car」(euronews (in English) 、YouTube)hatebuにも出ていない。映像のソースである Wyoming Highway PatrolのYouTubeチャンネルhatebuにも、現在*1までのところ、この事故の映像は出ていない。南ワイオミングのどこか、2月10日7日の日中ってこと以上はわからない*2。たぶん、適当にググればテキストページで見つけられるのだろうけれど、わかったからって何かいいことがあるわけでもないしなぁ。

いずれにしても、強風への注意を怠れば、自分が大変なだけではなくて誰かの命も奪いかねないというのは、ドライバーのみなさま、夢お忘れ召さるな。


補遺、ホイホイ

無精せずにさっさとググればよかったですねぇぃ\(^o^)/。Wyoming Highway Patrol のFacebookアカウントにオリジナルの投稿が出てた。事故が起きたのは、10日ではなく7日だったのですね。


Clash
Clash
posted with amazlet at 17.02.12
The Clash
Sony (2000-01-27)
売り上げランキング: 16,367

  • 注1 2017年2017年2月12日12時15分。
  • 注2 「補遺、ホイホイ」参照。


最終更新日時 : 2017-02-09 19:47:56  

シールズが盛り上がっていた時期、安倍晋三の肖像にちょび髭を描き加えてヒトラーになぞらえたと見えるイラストを用いたプラカードが話題になっていたことがある。ツイッター上には、そんなやり方をするのは日本のサヨクだけだ*1、みたいなことをおっしゃる方がいらしたけれど、どうも海外のデモ報道を見ているかぎりでは、そんなことはない。しょっちゅうあるとまでは云えないまでも、珍しいとも云えない頻度で登場しているのではないか。そうは思っていたのだけれど、そのときはまとまった証拠を示す準備もなかったので黙ったままで過ごしてしまった。

ってなことは、もう何を今さらなんだけれど\(^o^)/、その後、とりあえずなんとなく備忘録的に拾った映像を並べてみる。出典はいずれも僕がチェックしたYouTube上の報道から。見つけたからといってすべてを拾っているわけでもない。気まぐれに、その一部をたまに拾ってみたという程度。だから非常に限られた範囲でのこと。要するに実際はもっとずっと多い。何にしても、批判対象をその性格に応じてヒトラーとかその他独裁者になぞらえるということ自体は、いろんなところで見受けられるもんです、というには充分かな。

いちいちソースとなった報道へのリンクを設けるのは面倒なのでパス。確認なさりたい場合は、映像右下に拾ったYouTube再生ページのURI(URL)が記されているので、ソイツを辿ってみていただきたい*2。画像をきれいに加工してインチキをカマすような技術はあいにく今のところ持ち合わせていないので、基本的にそういう映像が報道されたという点においては信用していただきたいところ。

ここでいう「以前」は冒頭のヤツ。冒頭のヤツ以前にも拾ったのがいくつかあったような気もするんだけれど、ツイートを遡るのが面倒臭い。

なりますね。

右のが目立つかもしれないけれど、左の紙幣デザインのほうにも注目。それにしても、安倍晋三であれドナルド・トランプであれ、チョビ髭を描き加えるだけで、だれになぞらえたアレなのかがたちどころにわかるというあたり、ヒトラーの造形的呪縛の力には凄まじいものがあるんだな。う~ん。


番外篇

トランプの肖像はないけれど。

別に独裁者になぞらえているというわけぢゃぁないけれど、面白かったからついでに。

デモでではないし、ヒトラー、ナチスが登場しているわけではないけれど、似たようなアレではありますわねぇ。もちろん、並べて褒め称えようとしているのだ、と見る見方もあり得なくはないんだろうけれど。トランプはプーチンを尊敬しているのだそうだから、かえって喜んぢゃうかもね。


ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
金成 隆一
岩波書店
売り上げランキング: 188

朝日新聞のサイトで連載されていたものに手を入れての編集なのだそうな。


ヒトラー(上):1889-1936 傲慢
イアン・カーショー
白水社
売り上げランキング: 85,145
ヒトラー(下):1936-1945 天罰
イアン・カーショー
白水社
売り上げランキング: 93,318

分厚さもさることながら、なかなかのお値段\(^o^)/。当分手が出ませんわね。


ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)
石田 勇治
講談社
売り上げランキング: 23,627

というわけで訳者さまの著書のほうに手を出すことになる。

どうも巷間云われるような国民にとっての善政みたいなのがヒトラーの手によって行われたとする見方は大いに怪しいみたいだし、ヒトラーの武勇伝みたいなのもあらかたが嘘デタラメだったということみたいだ。そういうことが、以前、ではなく最近になってどんどん明らかになってきたというところが大事なんだろうな。そのへんの概略は、「本日の備忘録/東京大学大学院教授 石田勇治『ヒトラーとは何者だったのか』」hatebuで紹介したヴィデオを参照されたし。


  • 注1 なにぶん、僕の記憶によるので、多少の文言の違いはあるかも。そこいらへんは大目に見てやってくださいましな。
  • 注2 まんまぢゃいささか小さすぎて文字が確認しづらいが、たとえばGoogleChromeブラウザなら画像上にポインタを置いてマウスを右クリックすると「新しいタブで開く」というコンテキスト・メニューが現れるから、そいつで元ツイートを開くと少し大きめの画像から確認できる。さらにそのツイート上の画像上にポインタをかざして右クリックすると「新しいタブで画像を開く」というコンテキスト・メニューが現れるから、ソイツを右クリックするとさらに少し大きめの画像が現れる。そいつを見ればURIもなんとかわかるんぢゃないかなぁ。すでにリンク切れモノがあったらごめんなさい。


最終更新日時 : 2017-02-05 12:52:45  

過日所用の道すがら、萩原はぎわら天神*1。小さくても天神様の前なんだから「天神橋」を名乗らないでどうする、ってなもんか。

これは以前にも一度取り上げたことがあったかな? 発泡スチロールのケースをプランター代わりにしているの、まさか宮司さんがやらかしているってわけぢゃないよねぇ。

まだまだ新しく見える狛犬、というか両方ともつのが見当たらないから獅子なのかな。なんとなくロボ感あるなぁ。

古いのが鳥居の奥側にあるのだけれど、そちらは狛犬と獅子の組み合わせになっている。

こう撮ると、ちょっと現実の萩原神社とは違う雰囲気になっちゃったかもな。

最初の牛は、そもそもお祖父様が奉納したもの、戦時中金属の供出に遭い、戦後お孫さん二人が改めて奉納したものなのだそうな。牛の台座の正面にある銘板にそのへんの経緯が記されている。

下の石像のほうも奉納されたものらしいのだけれど、経緯その他はちょいとよくわからない。石であれば供出させられることもなかっただろうけれど。こういうふうに並んでいるところ、なんとなくそこはかとなく面白い。

関係ないが、上の写真右に見える「思い出の背比べ」、なるほど受験生のような若い世代から訪れる神社にはふさわしいものなのかもしれない。近年では「お受験」で受験生の低年齢化も進んだことだし。でも、ただ背丈を測り写真を撮るだけというのはもったいなくないか。今の時代なら、たとえばスマホから撮影した写真や音声、短文などをネット経由で神社のデータベースに納められるようにしておいて、再度訪れたときこの碑にスマホをかざすと前回、前々回訪れたときの写真その他がスマホに呼び出されるようにしておく、なんてな工夫があるとリピータをちょびっとくらいは増やす工夫になったりしやしないかしら。ダメかなぁ。う~ん。

写真ではスケールがわからないけれど、旧本殿、かなり小さい。階段や社殿の扉など、普通のヒトが利用できるサイズではない。元々は神仏習合のお寺の中の社みたいな具合だったのかな?

「原寺」は「萩原寺」のこと。萩原寺は萩原神社の別当寺[ググる!]だったはず。そのへんの細かい話はすっかり忘れてしまったが、萩原寺は「大聖寺」と呼ばれることもある条坊も多い結構デカい寺だったらしい。そのへん、エントリを書くに当たって確認しようと思ったのだけれど、萩原神社のオフィシャルサイトにもウィキpにも記述がない。うーん。神社本庁系歴史的廃仏毀釈ですかね、というのは下衆の勘繰りm(_ _)m

恵比寿神社前。これも以前一度取り上げたことがあるような。……あ、未復旧エントリかぁ。うーん。「のた魚[ググる!]」を知らぬではヒトとして生まれた甲斐がないので、ご存知ない方は緊急即刻ググっておきませう。

しかしなぁ、以前取り上げた菅原神社も*2陶荒田神社も*3道真公と恵比寿様を共々祀っているとはどういうことか。堺と云えば商売の街、読み書き算盤(天神様)に商売繁盛(恵比寿様)の組み合わせが神社としてはマーケティング・リサーチ的に正しい戦略なのだ、というわけでもないだろう。この萩原天神界隈や陶荒田神社あたりは、江戸期あたりなら商業地帯というよりは農業地帯、新田開発も行われた一帯だったと見て良さそうだもんね。そこいらへん、どうなんだろう。面倒臭いときには《古来より日本人は学問を愛しており》云々デンデン♪とかテケトーなことを云っておけばよろしいかもしれないけれど、ホントのところ、少なくとも今日の本邦の為体ぶり、口が裂けてもそうは申せませんわなぁ。

詳細はさっぱりわからないけれど、そのへんは氏子でもない人間が気にしても仕方ない。

それにしても御神木の伐採とはなぁ。


  • 萩原神社のページhatebu
  • 萩原神社 - Wikipedia

    オフィシャルサイトもウィキpもあんまり詳しくない。社伝の類、ダイジェストでも確認できれば、記事に反映できるかと思って覗いてみたのだけれど。う~ん。

  • 萩原神社前hatebu

    ストリートビュー、萩原神社正面。ストリートビューからだとストレートに最寄り駅へと歩みを進められないし、境内にも入れないみたいだ。南海高野線萩原天神駅からのルートは、以下で確認されたし。


堺歴史読本 (別冊歴史読本 5)

KADOKAWA/中経出版 (2015-04-30)
売り上げランキング: 29,763


最終更新日時 : 2017-02-04 15:16:49  

中国では何でも起こる、の感ますます強し。死者5人で済んだのが、むしろ奇跡のようだ、と云えば不謹慎か。これでは家の中に引き籠もってじっとしていても安全は確保できませんね。うーん。

それにしても、暴走車手前をのんびり歩いていたヒト、よくもまぁ無事で済んだもんだな。ヒトの運不運なんてどこでどうなるかホントにわからない。

もちろん中国ぢゃないからってうっかり安心していられない。メリケンでいまドキ踏切がまともに動かないかも、などと日常的に考えていなきゃいけないなんてのはヒドい話。

名所ともなると安心していられそうだと考えるのも早計。当初死者38名と伝えられたけれど、続報は聞こえてこない。

古くから幾多の災難を潜り抜け残り続けてきたからといっても安心出来ない。植民地時代から、くらいぢゃまだまだ修行が足りないということか(違。

もうこういうのは見慣れた景色となってしまった、とうっかり口走りそうな気分にもなる。

自爆・爆弾テロの類は頻発して、もうどれがどのテロやらわからなくなりつつある。

立っているだけでも危うい。

壊れていないなら、壊してしまえってなもん。似たようなサービス、以前日本でも報道されたことがあったような記憶がある。思う存分、皿を投げ割らせてくれるようなヤツ。でもなぁ、やっぱりロシアのほうがストレスは溜まるんだろうな。人間関係とか社会とかいろいろありそうだけれど、何より寒そうだからなぁ。


すべて先月の報道から。

例によって例の如しで、だからどうしたってなアレなのだけれど、何となく先月、その気になれば「Crash!」の一語にまとめてみることの出来そうな報道が多かったような気がする。毎月カウントしているわけではないから、そんなのはただの気のせい、例月通りだったのかもしれないけれど。とはいえ、いずれ何かの折に触れたくなりそうな映像もいくつかあったので、とりあえず目ぼしいものだけまとめてみた。

無理矢理理屈を捏ねてみれば、トランプの米大統領就任以降の悶着やらここのところの安倍内閣の情けなさ、ヨーロッパでのポピュリズムと極右の台頭なぞひっぱり出して、あれこれのクラッシュ具合になぞらえつつ文明の耐用年数がどうしたこうしたみたいなことを書けば書けちゃいそうな気もする。でも、そういうのは書けば書けちゃうとしても面倒臭いし、その手の論考ならどうせだれかもちっと気の利いたヒトが小洒落た文章にまとめていそうだしなぁ。とまぁ、そんなこんなでここは愚直にただの備忘録としておくぞ。うー。


クラッシュ (創元SF文庫)
J.G. バラード
東京創元社
売り上げランキング: 73,028
クラッシュ [Blu-ray]
クラッシュ [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.04
東宝 (2012-02-24)
売り上げランキング: 12,019

バラード作品って、毎度どうしてこうも日常的には絶対にお付き合いしたくない人物ばかり登場して来ますかねぇ、ってなもんなのだけれども、それでもおもしろいから対応に困りますね\(^o^)/


破壊された男 (ハヤカワ文庫SF)
アルフレッド・ベスター
早川書房
売り上げランキング: 11,288

第一回ヒューゴー賞受賞作品。先月復刊。



最終更新日時 : 2017-02-03 12:47:17  

意味はわかるから「向き」で困るわけではないのだけれど、何となく違和感を覚える。自分の知らなかった言葉遣いというのは、仮にそれが正しいと世間的に認められるものであっても、気持ち悪さ、落ち着きの悪さを感じてしまう。いや、「向き」が正しいと認められている表現なのかどうか、この場合は知らないのだけれど。でも、堂々と2箇所で使われているのだから、たぶん少なくとも乗合バス業界では正しいと認められているものなのだろう。


どこそこ「行き」なのはバスの車両であってバス停ではない。だから、「北野田駅福町停留所」という表現は、理屈として正しくないのかもしれない。でも、「向き」といっても、バス停留所の、あれは何ていうんだろう、看板、立看でもないし高札というのも変だし……あの時刻表のついたバス停の目印に然るべき表面と裏面が存在していて、その表正面が北野田駅の方向を「向いている」というわけではないように素人目には見える。プロが見れば、表と裏は紛れようもないものと見えるのだろうか。

加えて、2箇所にわたる使われ方も奇妙に思える。上のものは用語の問題として我慢してもいい。けれど、下のものはどうか。話は通じるとしても、同じことばが短いテキストの中でまったく異なった意味で用いられているのが気持ち悪くはないか。下のほうは「北野田駅寄りに」とか「北野田駅に」とかしたほうがスッキリするのではないか。う~ん。


というようなことをウダウダ頭の中で転がしながら、でも別に南海バス堺営業所あたりに苦情を訴えるというようなことはこれっぽちも考えない。そんな面倒臭いこと、するわけがない。ただまぁ、違和感をゴロゴロ転がすのをいくらか愉しんでいるというテイタラク。


バス停留所 [Blu-ray]
バス停留所 [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.02
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-11-22)
売り上げランキング: 87,858

ブルーレイが出てたのですか。でも、たぶん普通のDVDと大差ないんぢゃないかなぁ、元が元だから。



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
2953021 (7D:19250 Y:3534 T:2187) [Mode]
 
別冊 日々の与太