«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 || Next»
最終更新日時 : 2015-06-13 21:19:25  

当たり前の文章ではない文章、変な文章を書くというのも意外に面倒だったりする。たとえば、ちょっと下の文章を見てほしい。

窓の外では虹色の雨が降っている。天気予報は綿菓子日和のはずだったのに。空気が七色に染まる。レモンやメロン、ソーダ、葡萄、苺味のキャンディ。降っては地べたにたたき付けられ、バチバチと砕かれる。小さな破片は積もっていき、辺り一面を虹色に塗り替えた。きゃらきゃらと飴の声が聞こえてくる。何を話しているのだろう。交ぜてくれるかな。窓辺で彼女らに尋ねる。あなたたちは何処から来て何処へ帰ってゆくの。空気が冷めて凍っていく。大地は色を失い、視界は瞬く間に薄灰に変わった。足元が崩れ、身体は闇に落ちた。

電車の中、向かい側に座る男の子の膝の上に飴入りのガラス瓶が置かれている。嬉しそうに瓶を振ると、光が反射して飴玉がきらめいた。瞬間、反射した飴と脳がリンクして想像力もきらめいた。2秒程で虚構の映像が流れ過ぎていく。

想像力はふとしたことではたらき、その度に空想の世界へ出掛けるのである。機会が訪れればいつでも想像と繋がることが可能なのだ。

僕が担当したものではないのだけれど、美術系予備校のとある授業、400字の「小論文」で「想像力」という主題の下書かれた答案。たぶん、「想像力とは何か」みたいな論文論文したものでは対処のしようがないと踏んで、自分の想像を想像力発揮の実例みたいに扱って話を構成しようとしたんだと思う。字数の制約を考えると、それも悪い戦略ではないと思う。でも仕上がりはといえば、それほど自由に想像を広げて書いたようにはなかなか見えないんじゃないだろうか。仮に自由に想像を広げて書くという場合でも、実は素朴な想像に基づいて言葉を連ねるだけでは「自由」な感じはなかなか得られない。やはり何か言葉の工夫みたいなものが「自由な」感じを構成するのに必要なんじゃないだろうか。

答案としての適切/不適切を離れて、ちょっとそのあたりを考えてみたい。


パッと目につくのは、細かな言葉の選択と組み立て。「虹色」など、率直にいって安っぽい。7色という数も何か色数を問われるとだれもが条件反射的に答えそうに思えなくもない。「綿菓子日和」もそう。少女マンガにだって清原なつの[ググる!]の傑作『ゴジラサンド日和』なんてのがあるくらいなのだ。綿菓子では軟派がすぎるんでないかしらん。想像力を発揮してみせた実例をもって、想像力の説明に代えようと考えたこと自体は悪くないのかもしれない。でも、その中身がだれもが簡単に想起するいわゆる少女趣味的な言葉で綴られているとどうなんだろう。

「綿菓子日和」だと綿菓子+日和であるのに対して『ゴジラサンド日和』なら、ゴジラ+サンド+日和というわけで約1.5倍の発想量が含まれている(^_^;。そういう捻りを考えて使えば、「絶好の綿菓子刑務所慰安会日和」とか? ってこれはイマイチでありますがぁ、仮に少女趣味の通俗的な類型にはまりかねない語彙でも、いくらかは通俗性を免れるんじゃぁないかしら。

それに、キャンディが地面に落ちて砕けるというのは、まんまキャンディ。キャンディを高いところから落とせば、たぶんホントに砕けてしまう。これは特定の現実を頭の中で思い浮かべただけであって、いかにも想像の産物って感じはしない。

でもたとえば、キャンディが地面に接する瞬間に、どろりとスライム状の物体に変化したり、着地する寸前に突然羽毛に変わってまたふわりと上空に舞い上がるとか、着地したとたんにちょうど降り始めた雪みたいに地面に溶け込んでゆくとかすると、まんまじゃないキャンディになる。現実の法則のまんまを想像しても、それは想像力を示す典型的な話にはならないでしょ?

説明の代わりに自分の想像そのものに語らせるというのであれば、想像の典型的な性格をあらわにしてくれるような描き方が必要になってくるんじゃないだろうか。

ここでちょっと思いつき的に、田村隆一[ググる!]の「幻を見る人[ググる!]」の冒頭を引いて見る。

空から小鳥が墜ちてくる
誰もいない所で射殺された一羽の小鳥のために
野はある

窓から叫びが聴えてくる
誰もいない部屋で射殺されたひとつの叫びのために
世界はある

たとえば、「空」と「小鳥」だけならほんわかした牧歌的な感じになってしまう。でもそこに「墜ちる」*1「誰もいない」「射殺」という言葉を持ってきたことで、この冒頭の不吉な迫力は増している。あるいは「誰もいない」んなら「射殺」なんぞホントはできんのに、そいつを無理やりやっちゃうのが詩的想像力だというふう読んでもいい。「墜ちてくる」という垂直に対して、「叫びが聴こえてくる」という水平を組み合わせることで、不吉なイメージがどばぁーっと空間的に広がってゆくという効果もあげている。

ここで学ぶべきものは、要するに一つの雰囲気になじむ言葉ばかりを並べるのではなくて、性格の異なる言葉を配することで言葉には、立体感というかメリハリというか迫力が出てくるということ。色彩でいえば補色の効果みたいなもんかなぁ。

西脇順三郎は「牧場に乳牛がいても詩ではない。乳牛が床屋の中を駆け抜けてゆくと詩になる。花を見て美しいと感じても詩ではない。あれは炭素と水素と酸素の塊だと思いながら眺めると詩になる」といった旨のことを述べている*2。ただ一通りの色調で言葉を組織してしまうのではなく、その色調を裏切る要素を盛り込む、対置する工夫が必要だということだろう。想像したことは想像したままに書く、というのでは、読み手を惹きつける言葉の造形にはならない。意識的な工夫がどうしても必要になってくるというわけだ。


ゴジラサンド日和 (りぼんマスコットコミックス)
清原 なつの
集英社
売り上げランキング: 244,208

田村隆一 (現代詩読本・特装版)

思潮社
売り上げランキング: 117,789

  • 注1「落ちる」ではなくて「墜落」の「墜」を用いているあたりも効果的じゃないかしら。
  • 注2ここいらへんあやふやな記憶に基づいているので、まんま信用しないでね。でも、「遠いものの連結」といった云い方なら、西脇作品に親しんだ人なら覚えがあるはず。


07/10/26: 語彙力の問題

最終更新日時 : 2017-01-03 11:37:37  

23日、都バス車中にて。

カワイ子ちゃん「……ちょうどそこがはめ殺しの窓になってて……」
カレシ「ハメゴロシ、ゆうな。スケベ!」

一瞬、彼氏の反応が理解できなかったよ。はれほれ。まったくどういう語彙を頭の中に抱えているのやら、彼氏くん。


はめ殺しの窓―人間存在の根本に問いかける
雪竹 靖衞
上毛新聞社出版局
売り上げランキング: 2,084,223

読んだことないけど。


復旧に当たっての追記(2017-01-03)

このエントリには、BUNTENさんから「ハメ殺し」をタイトルに含んだAVの類は確認した限りでは存在しないという趣旨のコメントを賜った。

ただ僕としては現実的な有無よりも「ハメ殺し」の、おそらくは「ハメる」という言葉から、このエピソードの彼氏が連想をあらぬところに飛ばしたことに興味を覚えたのでありましたm(_ _)m




最終更新日時 : 2017-01-03 11:52:30  

先週末、浅草某所の都バス停留所行列、女子高生二人づれの一方の語り。

「下町って、なぁんか懐かしいわよねぇ……」

「……」

「ドトールとかぁ」

おい、ドトールのどこが懐かしいねん!


ぼくの浅草案内 (ちくま文庫)
小沢 昭一
筑摩書房
売り上げランキング: 406,806

今浅草を歩いてみると、これが書かれた当時残っていたアレコレの多くも、今は、というところが切ない。



最終更新日時 : 2015-08-04 21:44:10  

「日経パソコン PC online」で「電子メールの常識・非常識」という記事が掲載されている。中でもとくに注目したいのが、連載第2回目の「読みやすいメールの作成法」だ。電子メイルのあるべき文面についての一定の知見が得られる記事になっている。

電子メイルは、世代間でその利用のあり方に大きな隔たりがあるみたいだ。年輩者はどうしても紙の手紙の作法に縛られた硬い文面を基準にメイルを見てしまう傾向があるのに対して、若い世代はケータイ感覚でメイルの文面を非常に軽く考えがちだ。僕みたいな中年世代から見ると、どちらも度が過ぎるように思えることが多い。年輩者はメイルの軽便なところを台無しにしているぞと思うし、若い世代はサブジェクトくらい書かなきゃ読んでやらないよと文句をつけたくなる。どちらも、メイルの実用性を損ねる受け止め方に思えてしまうのだ。

記事の書き手さんがどういう世代に属してらっしゃるかはわからない。でも、上のような感覚にしっくりとくる、実用的なメイルの文面に最低限求められるものを簡潔にわかりやすくまとめた記事になっている*1。メイルの文面に悩むことがあれば、あるいは若い世代からのメイルに不愉快を覚えた経験があるなら、一度目を通しておくといいだろう。


  • 注1 ただし、挨拶文は必要ではないだろう。面識のない相手に初めてメイルを送るというようなケースを除いて、ただの定型でしかない挨拶はただの無駄だと思う。なくすべき習慣ではないか。

最終更新日時 : 2015-08-04 20:31:56  

僕たちは今まで文章の書き方を、日本語の正確と文章構成からのみ考えてきた。でも今やだれもがコンピュータを通して文章を綴り、文面のみならず紙面構成をも書き手が自由にコントロールできるようになっている。そうなると、僕たちは字面のあり方や見た目のデザインをも考慮に入れた、つまり文書の仕様の一切をも視野に収めた文章作法を考えなければならないのかもしれない。

清原一暁、中山 実、木村博茂、清水英夫、清水康敬「文章の表示メディアと表示形式が文章理解に与える影響」(論文情報ナビゲータ、国立情報学研究所)によれば、

本研究では,印刷物による提示とコンピュータ画面の提示による文章理解の違いを調べ,わかりやすい文章提示の方法を検討した.文章の理解度を内容に関するテスト成績で調べた.その結果,表示メディアについては,提示方法によらず印刷物がディスプレイに比べて良いことが分かった.また,LCDがCRTよりも理解度において優れていることが分かった.さらに,すべての表示メディアにおいて,明朝体と比べてゴシック体の方が文章理解において成績が良い事を明らかにした.

抄録

という。もちろん、上のようなことは何となく日常的な実感としてはあったわけだけれど、それがはっきり検証されたとなるとまた話は別だ。文章作法が、より目的にかなった書面構成のための方法論だとするなら、どういうメディアを通して文章を提示するのかもまたその考察対象としないわけにはいかない。

文章として優れたものであるためには、日本語の正確さや文章構成のあり方ばかりでなく、どのようなメディアを通すべきか、どんなフォントを用いるべきか、そういうことも視野に収めなければならない時代になっているといえるだろう。たとえば、僕たちは少なくとも紙の文面において明朝体をデフォルトと捉える傾向がある。傾向があるというよりも、もうそれは慣習なり文化なりというべきものになっているかもしれない。しかし、この研究結果を素直に受け止めるとするなら、この明朝体文化みたいなものの改革も考えるべきときに直面しているといえそうだ。

これは漠然と想像するよりたいへんなことかもしれない。たとえば、教科書類は年齢の低い層を除けば、基本的に明朝体で印刷されている。よりよい理解をもたらすからといって、はたして一気に教科書のすべてをゴシック体に切替えられるだろうか。あるいは新聞・雑誌は? 個人的に書く文章であってもなかなかゴシック体で書くことに抵抗を感じる人だって結構な数いらっしゃるんじゃないだろうか。

コンピュータディスプレイ上の文書の場合、視線はまず上方と左側が重点的にたどるといった話も今や広く知られるようになってきた。より人に読まれ、より深い理解を得ようとするなら、文章作法は言葉の組み立てのみならず、紙面やディスプレイ画面の構成すべてを対象としなければならない、そういう時代になったといえるのだろう。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
2952976 (7D:19205 Y:3534 T:2142) [Mode]
 
別冊 日々の与太