«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 || Next»
最終更新日時 : 2017-02-23 20:55:21  

YouTubeの日付で17日公開の映像*1、21日に改めて公開された。19日から始まっている「IMAGES OF INTERNMENT: THE INCARCERATION OF JAPANESE AMERICANS DURING WORLD WAR II」*2のプロモーションということのようだ。プロモーション用とはいえ、一通りこちらになにがしか迫るところのある写真だと思う。ついでにNATIONAL ARCHIVESでは、「Japanese American Internment」(National Archives)hatebuが設けられた。英語を読むのは面倒臭いが映像資料を眺めているだけでも、感じるところはあるだけのものになっている。

撮影者である Dorothea Langeについては、「Dorothea Lange ドロシア・ラング」(Yasufumi Merui)hatebuが、手っ取り早い。写真も多めにということなら、「ドロシア・ラング」(アジェ・フォト 作品とプロフィール 世界の有名写真家・写真集・名言集・動画 YouTube)hatebu。彼女の活動の中心的な部分は、英文だけれど、「How Dorothea Lange Taught Us To See Hunger And Humanity」(The Salt : NPR)hatebuかな*3「ドロシア・ラング」(Wikipedia)hatebuも、ちょっと整理が足りないような気もするけれどついでに。

1941年には、素晴らしい写真が讃えられてGuggenheim奨学金を得たが、真珠湾攻撃の後日系アメリカ人の強制収容を記録するため奨学金を辞退した。強制収容所に移送される日系アメリカ人を取材した。彼女が撮影した日系アメリカ人女児の写真は、何の犯罪を犯していなくても拘留することが出来るというこの政策を思い出させるものになった。

彼女の写真は明らかに批判的だったので軍によって没収された。現在彼女の約800枚の没収された写真は、アメリカ議会図書館で閲覧することができ、写真部門のウェブサイトでも閲覧可能である。

「ドロシア・ラング」(Wikipedia)hatebu

とあるあたりの写真から適当に取捨選択したものが冒頭のヴィデオなんだろう。

「IMAGES OF INTERNMENT: THE INCARCERATION OF JAPANESE AMERICANS DURING WORLD WAR II」は、日系アメリカ人の収容につながった「大統領令9066号」の署名・発令(1942年2月19日)から75年を迎えたことを受けてのものということだけれども、今の時期に盛大に行われればそうしたただの記念行事以上の意味を持つことになる。実際のところ、主催者側もそのことをそれなりに意識しているみたいに見える。たとえば、開催に先立って行われた講演では、ミスター・カトーことジョージ・タケイが登壇している。どんな講演内容だったのかは未確認なのだけれど、ここのところの活動からすれば、トランプ政権下でのイスラムフォビアをめぐる議論が登場しなかったとは想像しにくい。

「Deocracy Now!」のチャンネルで今月20日公開のヴィデオ。ここんところは、こういう話一筋かな。George Takei (@GeorgeTakei) | Twitterhatebuなど参照されれば、そのへん一層よくお分かりいただけると思う。


と、こう並べて感じざるを得ないのは、僕たちの社会の文化的歴史的荒涼である。過去を振り返るだけで現在の愚行が照らし出されるというのは、現在の不幸であるには違いないのだけれど、史料の類が、つまりは歴史が整理され共有されているからこそ可能なことでもあるのだと考えると、翻って見るに、というあたりの覚束なさに否応なく逢着することになる。不幸からさえ見放された荒涼。


Impounded: Dorothea Lange and the Censored Images of Japanese American Internment

W W Norton & Co Inc
売り上げランキング: 51,308



最終更新日時 : 2017-02-20 21:39:01  

「T」では鳥取や徳島と区別がつかないから、なのだろうか。でも鳥取だって「tOttorI」かもしれないし、徳島も「tOkushIma」なのだからお話にならない。「oOIta」や「OkInawa」だってあるし、なんなら「hOkkaIdo」だって考えられなくはない。でも、凡例を見る限り製造所固有記号としてここで取り沙汰されるのは、広島と栃木の2種類だけなのだから「T」を使ったからといって混乱が生じるわけはないんぢゃないのか。

というか、いちいち凡例をつけるくらいなら、製造所固有記号など用いずにストレートに地名を印字してしまえばいいというものではないだろうか。ひょっとすると機械読み取りの都合に関わる事情があるのかもしれない。けれど、都道府県名はどうがんばっても47しかない。その程度ならきちんとデザインされた書体を用いれば漢字を読み取ることなど、今日の技術をもってすれば何の困難もないお茶の子さいさいであるようにその道に疎い僕のような人間には思える。

もし、ヒトが見てわかりやすいことがさして重要ではないのならば、いっそバーコードか何かで済ませてしまうという手もあるだろう。そのほうが文字読み取りよりも機械読み取りの精度は向上するはずだ。ヒトと機械の両方から読み取られやすくする必要があるのなら、地名とバーコードの両方を使ってしまえばいいではないか。それでも、わざわざ凡例を示すインク代を大きく上回るコスト負担が生じるとは考えにくい。


いったい如何なる事情が製造所固有記号「OI」を生み出したのか。人類の考え出すことは相変わらずよくわからない。


カルビー かっぱえびせん 26g × 24袋
カルビー
売り上げランキング: 4,714

アマゾンにおいてあるのは、栃木の製造所のものらしい。




最終更新日時 : 2017-02-18 16:29:19  

与太で取り上げだしてからは、最高の勝率ということになるのかな。しかし、注目していただきたいのは勝率そのものではなくて、

の連勝記録。結局この次のゲームで負けちゃったのでアレなのだけれど、これはたぶんそうしょっちゅうある記録ではないんぢゃないかと思いたいところ、どうかしら?


個人的には23%という勝率は快挙のうちに数えてよいものなのだけれど、ググってみるといろいろ厭な記事を目にもする。

勝率56.2%。

これが世間的にどのレベルなのかよく分からんが、中級で60%とかどっかに書いてあった。

これだけ頑張ったのに初級か・・・orz

2011-11-27 - キバヤシMMRの日記hatebu

《第3世代iPod nano付属のソリティア》ということだから、ひょっとするとゲームのアルゴリズムが違っていたりするのかもしれないが、いやいや、こんなシンプルなゲームだとだいたい似たり寄ったりと考えるべきだろう。それで50%を超える勝率が上がるのかぁ。いやはや、やれやれ。


負けてもカードを戻してやり直しを試みると意外と高確率で勝ててしまうことに最近気づいた。上の記事の書き手さんがどんなふうにプレイしたのかはわからないけれど、Windows7のソリティアでも、50%超が狙えるかどうかはさておき、そのへんを利用するとまだまだ勝率は上げられそうだ。でも、そういうのはゲームの愉しみ、運試し的なところをスポイルしちゃう感じもあるしなぁ。

上の23%は、そういうことをしていない。ただ以前より直観を重んじるプレイを心がけるようになったかもしれないとは思う。ソリティアでは、より高く積まれたカードの山から崩してゆくのが定石のように捉えられることが多いようだ。が、実はそれだけでは1000回勝率20%超えはそう頻繁には達成出来ない。「定石」通りプレイしようとして、何となくそれはマズいんぢゃないかというような障りを感じたときには、その直観を信じてプレイしてみたほうが勝ちやすいような気がする。とくに言語化出来るコツを見つけたというわけでもないのに、徐々に勝率が上がっているのはそこいらへんのおかげだろう。

繰り返しプレイしているうちに、無意識的なところでカードの重なり具合を記憶しカードの動かし方を検討している思考が働くようになったというようなことでもあるんだろうか。ってなあたりは、20%ちょいの勝率程度でうっかり口にすべきことではないか\(^o^)/。いやまぁしかし、60%で中級ですかぁ。う~ん。


運は数学にまかせなさい――確率・統計に学ぶ処世術(ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)
ジェフリー S.ローゼンタール
早川書房
売り上げランキング: 152,001
マインド・タイム 脳と意識の時間
ベンジャミン・リベット
岩波書店
売り上げランキング: 49,701

意識しないところで脳の活動は始まっているというお話その他。



最終更新日時 : 2017-02-16 21:46:17  

ロケーションは百貨店内の手洗い。「百貨店では生まれて初めて」と書いたけれど、百貨店でなくても初めてぢゃないかな。「(注射針等)」と強調までされているということはやはり注射針が捨てられていたということなんだろうか。

同じ階には眼科医が入っているのだけれど、眼科で注射なんてそうそうしないものぢゃないかしら。もし眼科が怪しいとすれば、たぶんこんな貼り紙にはしないで直に苦情を伝えるだろうし。だから下手人が眼科であるとは考えにくい。

となると、百貨店のあまり人目につかない場所での注射針というあたり、想像の飛ぶ方向は限られるだろう。もし想像が当たっているなら、貼り紙よりも通報のほうが市民社会的には正しい対処ではないかという気もする。とすれば、想像はハズレているということになるんだろうか。それとも、官憲が店内に入って捕物を繰り広げるなんぞという事態になれば、店の印象を損ねる報道など行われる危険があるから、そのへんを考えて苦渋の選択としてこの貼り紙になったということなんだろうか。

まぁ、素人が憶測を巡らしたところで、わかるわけないですわね\(^o^)/


「注射針」で検索したらば、ゾロゾロ商品が出て来て焦っちゃった。考えてみれば、注射器は医療器具とは限らない。細かな工作に必須の工具でもあったわけだ^^;。しかし、これ、日本語変だよね。「ご使われてます」って何よ。



最終更新日時 : 2017-02-15 23:31:09  

BGMになりますかね。Tobias Ørnes (drums) とSimen Følstad Nilsen (guitars)、ノルウェーの2ピースバンドさん、日本では今年出たばかりのアルバムの全曲公開とは。例によって例の如しでどういうヒトたちなのかは全然知らない。知らないのだけれど、

と、tricothatebuのモティフォ先輩が変態認定なさっていらっしゃるというわけで、モノは験し、聴いていみたらば……というわけで。

マスロックがどうたらこうたらで、複雑なアンサンブル云々カンヌンといった言葉を思いついたりはするけれど、そこいらへんは聴けばわかっちゃうよなぁ。というわけで、皆の衆、詳しく知りたければ、さっさと聴くがいいです。

とりあえず、日本語情報としてはモティフォ先輩が言及していたFLAKE RECORD、「Aiming For Enrike / Segway Nation / CD(FLAKES-161) /2017.1.18 Release」(FLAKE RECORDS店長 DAWA日記DEATH)hatebuあたりか。似たようなことが書いてあるけれど、興奮を煽る力強さがあるところがいいなぁ。あたしゃ、こういう文章、書けません。


  • Aiming For Enrikehatebu

    Facebookのアカウント。ここが現在のところオフィシャルサイト代わりということみたいだ。元々のオフィシャルサイトは現在「DNSがありません」になっちゃってる。

  • Aiming for Enrikehatebu

    Bandcampのアカウント。現在2013年リリースのEP2曲のみ。

  • Aiming for Enrike | Free Listening on SoundCloudhatebu

    現在、冒頭に紹介した最新アルバム+1曲公開。

  • Aiming for Enrike — Listen for free on Spotifyhatebu

    まだ中身は未確認m(_ _)m

  • Aiming For Enrike - YouTubehatebu

    YouTubeのチャンネル。現在、スタジオ・ライブとライブが2本ずつ計4本のヴィデオが公開されている。YouTubeでは他にもいろいろライブものも出ていて、彼らの技量が相当のものであることがわかる。ループマシンその他エフェクタ類の使い方も堂に入っているしなぁ。

  • Aiming For Enrike (@AimingForEnrike) | Twitterhatebu

    twitterのアカウント。今年2月に始めたばかりで現在なぁにもtweetしてゐない。/「People following Aiming For Enrike (@AimingForEnrike)」(Twitter)hatebuを見ると、ヒョロワ~さんには日本人がヤケに多い。そういやぁ、冒頭に紹介したアルバム、「Ushikawa」とか「Nakata Jonny Walker」とか日本人の名前っぽいのがあるなぁ。日本人ウケする哀愁のメロディっていうのぢゃぁないしなぁ。というか、全体、ヒョロワ~さんが少ないですね\(^o^)/。その中で日本人が目立っているだけかぁ。今ならあれです、だれもが「幸福な少数者」ってやつになれますぜぃ。

  • Aiming For Enrike[ググる!]

    その他アレコレはググってみるべし。


Segway Nation
Segway Nation
posted with amazlet at 17.02.15
Aiming For Enrike
Flake Sounds (2017-01-18)
売り上げランキング: 158,084

MP3版もあるのだけれど、これは発売日が昨年になっている。日本国内販売開始が今年ってことなのかな?



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
2952961 (7D:19190 Y:3534 T:2127) [Mode]
 
別冊 日々の与太