«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 153 | 154 | 155 || Next»
最終更新日時 : 2017-08-21 02:59:40  

「ほっこり」を冠した店が大阪にはすでに結構な数存在している(cf. ほっこり 大阪[ググる!])。喰物物屋が多いのかな。そもそも「ほっこり」とは、大体において物の暖かい状態、心温まる様子を表す言葉であるだろう*1。できたてのホヤホヤというわけだ。できたてのホヤホヤとは、常識的には喰物屋には相応しくあってもリサイクルとは縁の薄いもの。そこに「亭」をつけると、今度は「ほっかほっか亭」へと連想は飛んでしまう。やはり喰物屋の方面ということになる。

こういうネーミング、たぶん創業者さんに何か捨て難い思い入れみたいなものがあったに違いない。でも、一体どんな思い入れだったんだろう。ちょっと想像がつかない。


夜9時からの ほっこりごはん (すぐできる、しかもローカロリー)
市瀬 悦子
世界文化社
売り上げランキング: 141,257

  • 注1 関西一部地域では、「ほっこりした」といった形で「ちょいとくたびれちゃった」というような意味で用いることがある。京都あたりかな。少々くたびれた品ということであれば、ひょっとするとリサイクル品に似つかわしいのかもしれない。でも、その意味をみんなが知っていたとして、店の好イメージを醸すネーミングに使えるものなのかどうか。


最終更新日時 : 2017-08-20 21:56:54  

これ、当たるんぢゃないかな。たった一日で再生回数が160万を超えているし、もう当たっているといっていいのかもしれない。

冒頭のデモと思しい喧騒、ラジオか何かから流れる報道の音声、イントロ直前トランプを思わせる声での「God bless you, God bless America」という台詞、それらをバックに映し出される苦悩するヒトビトの表情……。そういうものを並べた上で、この歌詞だもん(cf. P!nk What About Us 日本語訳詞[ググる!])。おまけにこのヴィデオの公開はアメリカ時間で16日。もちろん、アーチストも制作者も、この日に合わせてMVを作ったわけではないだろうけれど*1、シャーロッツビルでの出来事をめぐるトランプの一連の発言がさまざまな立場からの批判を浴びている最中に登場したというタイミングは無視できるものではないだろう。時と所を得た歌だということになりそうだ。

アレンジや音の処理も今の流行りにハマっていて*2、歌詞は少なくとも高校英語がそこそこ出来る程度の語彙力があれば辞書を引くに及ばない言葉で作られていて、「What about ほにゃらら」「We are ほにゃらら」の畳みかけるような力強い反復と相俟って、この状況の最中にいる者の心には訴求力のある歌になっているといっていいんぢゃないか。しかも、具体的な状況を直接説明的に扱ったところもないおかげで、一度ヒットすればこの状況を離れても歌われ続けるかもしれない歌に化けるある種の普遍性*3も持ち合わせているように思える。

うちで取り上げるタイプの歌ではないのだけれど、こうした歌の登場の仕方に出喰わす機会もそうそうないに違いない。何かの記念ということで、まぁ。


Beautiful Trauma
Beautiful Trauma
posted with amazlet at 17.08.18

RCA (2017-10-13)
売り上げランキング: 2,723

「What About Us」収録。10月13日発売予定。


  • 注1 すでに作ってあったものの公開タイミングを早めた、くらいのことならあるかもしれないけれど。
  • 注2 これまでの P!nk作品に馴染んだ者なら逆に、ひょっとするとこのハマり方、あまり心地よく受け入れられるものではないかもしれない。でも、これまで通りの作風だと、一日で160万回を超える再生回数は望めなかったんぢゃないかしら。
  • 注3 「普遍性」なんていうと大袈裟なんだけれど、たとえば今後仮に民主党政権が出来たとしてその政権が公約を果たせないってな状況下の抗議集会なんかで歌われてもおかしくないでしょ、この歌詞なら。


  

国道310号線沿い、赤畑あたりかなぁ。「休業」に朱の斜線を入れて意味を打ち消しているようにも見え、斜線に「休業」を上書きして無意味への打ち消しを意味で打ち消しているように見えなくもなくて、けれど、周辺の状態からするかぎり、看板の意味はさておき、これはやはり廃業なんだろうな。

本当に休業であるなら、お得意様への挨拶の貼り紙くらいあってよさそうだし、来る復活の日に備えて店舗周りの草刈りくらいするんぢゃないだろうか。そういうものがない「休業」とは、雑誌の「休刊」と称する廃刊みたいなもの、とどのつまりは廃業の婉曲表現にすぎない。

なんて書いたけれど、ホントに休業だとしたら失礼極まる話ってことになっちゃうな。でも、やはり草刈りくらいたまにはしておかないと、この店だけではなく界隈の凋落さえ感じさせる雰囲気を醸しちゃうんぢゃないか。少なくとも通りすがりの目にはそう映ってしまう。というのは余計なお世話か。


というようなことをうだうだ考えてみもするのだけれど、それ以上に気になるのは、光景をパッと目にした瞬間にこちらを捉えるところがあって、そういうアレって何なんだろう、どうせロクなシロモノにならないとわかっていても写真に収めずにはいられない気分が湧いてくるというあたり、さらに考えなくてもいいようなアレコレを思い悩んでしまうから、所用に遅刻してしまうのだな\(^o^)/


開店休業
開店休業
posted with amazlet at 17.08.17
吉本隆明、ハルノ宵子
プレジデント社
売り上げランキング: 131,428


最終更新日時 : 2017-08-13 14:01:32  

というわけで、Mike Dawes、YouTubeオフィシャルチャンネルでつい先日*1新曲公開。

でも、ちょっと今回のはよくわかんないな。「本日の Guitar/Mike Dawes 新曲、Peripheryのカヴァーに驚く」hatebuのような編曲であれば、原曲の中から原曲全体の雰囲気を謂わば裏切るような要素を拔きだして作品を仕上げるような、はっきりとしたおもしろさがあったのだけれど、今回はそういうのがピンと来ない。うまいってのは相変わらずだし、アレコレの使い方も堂に入ってるし、ダメダメな編曲・演奏ってわけでは全然ないのだけれど。もちっと聴き込まなきゃダメですね。

Metallicaが元々僕の関心にひっかからないからかなぁ。う~ん。

バックのヴィデオ、約40数億年前に見た『ジョニーは戦場へ行った[ググる!]』を思い起こさせるのだけれど、というかたぶんそれに間違いないと思うのだけれど、そういう歌なの? 後でググってみっか(ジョニーは戦場へ行った メタリカ[ググる!])。そうだとして、メタリカの音楽と歌詞で映画が突きつける具体的な陰惨に拮抗できるほどのもの、出来るんですかね。というようなことは、僕が考えても意味のない余計なお世話ですね。申し訳ないm(_ _)m

ひょっとすると、どうも歌のテーマであるかもしれない社会的な孤立みたいなところがアルバムの主題にふさわしいとか何とか考えられたところでの選曲なのかなぁ。う~ん。


その他 Mike Dawes関連記事は、"Mike Dawes"の検索結果hatebuをどうぞ。


新世紀
新世紀
posted with amazlet at 17.07.15
マイク・ドーズ
キングレコード (2017-08-23)
売り上げランキング: 77,389

先だってのエントリで「新世紀」というタイトルにブツクサ申し上げたのだけれど、考えてみると、"ERA"という英語を日本語に移し替える難しさの問題ばかりぢゃないのかもな。キングレコード、Petteri Sariolaのアルバム『THROUGH THE EYES OF OTHERS』に「直感」なんていう邦題をつけちゃってたんだよな、思い起こすに。邦題見て恥ずかしくなって買うのを止めちゃったことを思い出した。今年出た『RESOLUTION』は「究明」。う~。


究明(RESOLUTION)
究明(RESOLUTION)
posted with amazlet at 17.08.12
ペッテリ・サリオラ
キングレコード (2017-04-26)
売り上げランキング: 51,528

  • 注1 YouTubeの再生ページ英語版の表示に従うと8月8日。日本時間では9日。

最終更新日時 : 2017-08-10 01:07:11  

今年の台風5号は観測史上歴代3位の長寿を誇るものだったそうな。9号、10号が消え去ってなお生き延びていた5号ですら3位に過ぎないというのも驚きなのだけれど、いずれにしたって、そんなものは誇っても仕方がない。

なるほど、海水温の熱が台風のエネルギー源だというのがよくわかる。経過映像だけを見ているとどこが「劇的」やねん、というような感想もあり得るかもしれないが、8月8日の時点の画面を見れば台風5号の経路の海面水温がきれいに低下していることがわかるだろう。凡例くらいちゃんとつけておけよ、というアレはあるけれど、赤が濃くなるほど海面水温が高く、水色はどってことない水温だという見当はつくでしょ?

地球温暖化に伴って台風、ハリケーン、サイクロンの類が大型化するというような予測がなるほどなぁと思えるデータってことにもなるんだろうか。海面水温が高いということは、海水の気化や上昇気流が激しいということだろう。気化が激しければ海水温から熱は奪われることになる。上昇気流が激しければ気圧は下がり風も吹けば、気化した水蒸気が上空で水滴になって雲も分厚くなる。そういう場所が台風を育てるわけだ(たぶん\(^o^)/*1)。温暖化に伴ってそういう場所が広域化すれば、台風も育ち放題、寿命も規模もデカくなるわけですね。う~ん。

地球温暖化といえば、

というような話もあって、トランプ政権のお陰様をもちまして気候変動イケイケドンドン、今後とも海水温は毎年上昇し続け台風の健康長寿化は進んでいくというおめでたいことにうっかりならないとも限らないわけだ。

おまけに「気候変動の『不正確』なデータ、パリ協定の効果に懸念」(BBCニュース)hatebuなどという報道もあって、パリ協定が守られたとしても、温暖化の緩和には大した効果があがらない危険も指摘されている。

こうなってくると、ホーキング先生がおっしゃっていた地球の金星化*2なんちゅう事態も、思いの外さっさとやって来ないとも限らないっちゅうことになるのかもなぁ。う~ん。


その他、台風5号に関しては「【台風5号】長寿&最後は2つに割れた台風」(ウェザーニュース)hatebu、気候変動・温暖化については「Earth, Two Degrees Warmer」(SciShow、YouTube)hatebu「異常気象による欧州の年間死者数、21世紀末までに50倍に 論文」(AFPBB News)hatebuも興味深かった。まぁ、何にしても未来は明るいわけですね、快晴真昼間サハラ砂漠のど真ん中みたいにね\(^o^)/


大避難 何が生死を分けるのか―スーパー台風から南海トラフ地震まで (NHK出版新書 512)
島川 英介 NHKスペシャル「MEGADISASTER」取材班
NHK出版
売り上げランキング: 255,237

地球規模の問題からは避難のしようもないのだけれど。


アカルイミライ 特別版 [DVD]
メディアファクトリー (2003-06-27)
売り上げランキング: 60,024

  • 注1 素人のテケトーな推理なので、まんま信用するのは危ういですぞ^^;。たとえば書いた後で思い起こした話として、海面水温が下がるのは、台風の強風によって海水が撹拌され、より深い、したがって水温の低い海水が表面に掻き上げられるせいだちゅうのもあったりする。でもそれは温暖化による台風の大規模化・長寿化とはさしあたり関係ないということで、まぁ。でも海水温の低下に、こちらのほうが大きな要因として働いている可能性だってあるかもなぁ。
  • 注2cf. 「本日の埋草/暑中お祝い申し上げます ♡♥」hatebu

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 153 | 154 | 155 || Next»

最近の記事


コメント


カテゴリー一覧
すべて
borujiaya
お知らせ
ことばをめぐるよしなしごと
ごあいさつ
すべてが「その他」であるような宇宙
ぼんやりと
やっぱり猫が好き
アートとかデザインとかそのへん
カルチャーっぽいもの
コミュニケーション
メイル
備忘録
僕自身のためのコンピューティング
入試小論文
単なる思いつきで深い考えはございません
堺散歩
小津安二郎
折々のリンク
散歩
文章讀本
日々のうだうだ
日々の与太
日々の埋草
映画
書く
総合
考える
自作自演
自然科学・科学技術とその界隈
訃報
読む
読書・本屋さん
象牙の門、角の門
音楽とか


検索
リンク
極私的脳戸栞
twitter


searched phrase

 ranking

 recent


Powered by Nucleus CMS

カウンタ
3819431 (7D:24261 Y:3669 T:2407) [Mode]
 
別冊 日々の与太